Apple iPad

Apple、7月1日よりオフィシャルでSIMフリー版のiPadを発売。ストアで購入可。

001

ちょうど一日前の6月30日に、総務省がSIMロック原則解除の方針固めたばかり。ここでぶつけてきたか?という感じです。

ところで、SIMフリーだMVNOだと騒いでいるのは、実はまだ日本の3割程度とのこと。

- [参考記事] 格安SIMカードの認知度は27.4%、利用率は4.8%

SIMロック解除の方針発表とともに、現在MVNO業者のひとつである日本通信の株はえらいことになっているという。要するに、これから残りの7割のフォロワーが認知してくると踏んだ買いですね。

後は、LINEが登録方法をどんどん簡単にして認知度を上げたのと同じで、少しずつ一般の人にもわかるよう、APN設定などを簡略化して、なるべくSIMの抜き差しだけで使えるようにしていくのが課題じゃないかと思います。

しかしこれとiPadと関係があるのかないのかは謎ですが、正直iPadのSIMフリー化は、あっても次期モデルだと思っていました。これがこのタイミングできてしまうとですね、非常に困るわけです。

 

002

iPad Airの価格はご覧のとおりで、それぞれWifi版より13,000円割高になっています。

iPhone 5sのSIMフリー化のときは、日本のキャリアでの使用が曖昧でしたが(Apple storeでハッキリと「SIMの抜き差しでは使えない」と言われたことがありますし、某SBでは「使えないから新しいSIMを契約してください」的な、契約数稼ぎで半ばブラックなことも平然と行われていました)、さすがに今度はもう大丈夫でしょう。

iPad Airは購入から半年過ぎた今でも本当によく使っていて、旧モデルまでは重いから躊躇していた持ち出しも、今はほぼ100%持ち出ししています。重さで言えば、ケースを含めてiPad miniの方が若干軽いのですが、やっぱりこのAirの画面の大きさが調度良く、おかげでminiの持ち出しはほとんどなくなってしまいました。

- [関連記事] 初売りのiPad Airがもう届いた|まなぶろぐ。

世間の人気からすれば、今はminiに軍配があがるかもしれませんが、個人的にはAirがイチオシです。何をするにもちょうど良く、もう電車内でもあまり周りは気になりません。あとパズドラもやりやすい(笑)。

そんなことで、Airは次期モデルも必ず購入する予定なほど惚れ込んでいるのですが、その前に今回のSIMロック解除は、Airの買い直しを考えさせられてしまうわけでした。iPhone 5sのSIMフリーは結局6を待てずにこの間買ってしまいましたが、秋にAir2が出たらどうしよう的な、、、やっぱりこのタイミングでは待ちな気もしますかねぇ。

逆に、これからAirを買って、MVNO体験をされたいという方にはオススメではないでしょうか。売る際もWiFi版より当然割高になりますので、13,000円程度の差額なら十分回収できると思います。

- Apple iPadストア

- [参考記事] 初心者にもわかる、SIMロック解除義務化で何が変わるのか|More Access! More Fun!

 

Apple iPad