Apple Apps

Apple Musicがすごかった。3ヶ月無料体験のやり方。iOS 8.4へアップデート。

001

iTunesもアップデートされ、iOSも8.4へアップデートが完了しました。

今回の大目玉はなんといってもApple Musicのスタート。こいつがどれだけすごかったかというのをちょっと紹介。何と言っても3000万曲が無料で聴き放題です。もちろんミュージックビデオも対応。

 

002

まずは「3ヶ月無料トライアルメンバーシップを開始」をタップ。

 

003

個人かファミリーかのどちらかをタップ。

 

  004

お気に入りジャンルをタップ(今回は適当にいくつかタップしてみた)。次に、お気に入りのアーティストが同じように出てきます。これも同じように適当にタップ。

 

005

で、重要なのは、今回「3ヶ月無料体験」なので、とりあえず3ヶ月後に課金されないように設定。左上の人型のアイコン(アカウント)をタップし、「Apple IDを表示」をタップ。

すると上のような画面が出ますので、一番下の「自動更新」をオフ。まずはこの状態でじっくり3ヶ月体験しましょう。

 

006

左下の「For you」をタップすると、自分好みだと思われるものをキュレーションしてくれます。なぜかA-pinkが出たんですが(笑)。とりあえず適当に再生してみる。もちろんアルバムそのまんまで、要するに、売ってるものそのものです。

 

007

次にすごいのは、右側の「…」をタップするとこんなメニューが出て、「オフラインで再生可能にする」という機能も。要するに、ストリーミングだけでなく、端末にダウンロードもできてしまいます。

 

008

iTunesから利用するには、上の「For You」をクリック!PC上でも、いつでもなんでも聴けます。

ただし、同じIDで同じ曲を同時に別の端末で聞くことはできないようです。例えばiPhoneで再生している曲をiTumesで再生しようとすると「アクセス権がない」のような表示が出ます。でも片方を止めてしばらく(数十秒?)待てば再生できるし、生活上同時に音楽を流すことはないので、これは負担にはならないでしょう。

これで一ヶ月980円。年間約12,000円というわけですが、どこでも聴きたい音楽を流すことができるという環境を考えると格安じゃないでしょうか。対応機器は、iPhone、iPad、iPod Touch、Apple Watch、PCのiTunes。Apple TVとAndroidは今年の秋に対応予定とのこと。すごい。

ムービーや音楽はもうほとんどがクラウド化され、流通方法が完全に様変わりしてしまいました。

今までは、「持っているDVDを見る」「持っているCDを聴く」というのが当たりまえでしたが、クラウドでこの当たりまえが崩壊し、「見たい映像を見る」「聴きたい音楽を聴く」に変わりました。

いつでもどこでも、聴きたいものは聴きたいときに聴ける時代。いまだにDVDやCDが売れたり、今もレンタル業界がわずかに生き残っている希少な国日本でも、ゆっくりながら確実に変化が訪れています。

 

009

ところで、もはや完全に諦めていたiPodの新型が発売されるかもという噂が出回り始めましたね。今回のApple Musicのスタートで、確かに「iPod Touch」の需要は見込めるかもしれません。

でもApple Musicを使いこなす上では、いよいよTouchにもSIMを実装しないと一般的には利用が難しいんじゃないかという一面も持ってしまった気もします。いや、これは積まざるを得ないでしょう。どうなるんでしょうか?

そしてやっぱり完全な音楽プレーヤーとしてのnanoやShuffleはなくなっていくんでしょうね。

もうクラウドでないと自由が効かない時代になったんですよ、奥さん。

- [参考] 新型「iPod」シリーズのカラーラインナップが明らかに − 7月14日発売??
- [参考] Apple Music開始で考える「日本のストリーミング・ミュージック」

- [関連記事] 初めてBluetoothヘッドフォンを買ってみたら、AppleがもうiPodを作らない理由がわかった気がした。(2015.04.24)|まなぶろぐ。

 

Apple Apps