Apple iPod

新型iPod Touch(6th)買いました。速いのは何よりも重要。

001

色は今まで「プロダクト・レッド」派だったんですが、今回ゴールドにしました。新色なんでね、このほうが新しい感があるかと。

- Apple (PRODUCT)RED -アフリカでのエイズ撲滅をサポートしよう。

また、今回64GBにしました。一昔前は8GBでもスカスカだったんですが、時代とともに容量が必要になりました。といっても僕の場合は数万枚もの大量の写真を持ち歩くので、中身の半分以上は写真データなんですが。

「5年前の○月ですね?!」と、そこでパパっと写真が出せるだけでずいぶん重宝し、かなり役立っています。

 

002

見た目、ほとんど変わっちゃいませんが、ストラップがなくなったのと、中身は、iPhoneで言うなら3世代分の差が出るほどぶっ飛んでます。

Touch 5thは「iPhone 4s」相当、そして今回のTouch 6thは、iPhone 5と5sをぶっ飛ばして「iPhone 6」相当のCPUを積んでます。

現在のフラッグシップとしてiPhone 6が最速なのは当たりまえですが、この筐体でiPhone 6並みのスピード。iPhoneに比べるとクロックダウンはしてるはずなんですが、どのくらい速いかは以下の動画が一発です。

 

003

実は空港なんかでは、Touch使ってる海外観光客の方、よく見るんですよね。やっぱり小さくて薄くて軽いので、使い勝手は良いのでしょう。今や観光客のほとんどはWiFi引っ張ってると思うので、これでも十分戦えます。

 

004

もっともTouchはSIMスロットが非実装なので、普段メイン機としては使うのは難しいのですが、「スーパーサブ機」の立ち位置として今後も新型が出続けるのを願っています(写真は4th。2012.07.07、明洞にて)。

そう、強いパーティにはスーパーサブは不可欠なんですよ。悪魔パのワルりんとか、多色パの孫権とか、後はご存知エキドナとか、ね。

 

005

後半ちょっと意味不明でしたが(笑)、この速度があれば、また使用頻度がグンと上がることでしょう。やっぱり、速いのは何よりも大事だということを再認識しました。

Bluethoothテザリングで常時テザリング環境が整った今日、これからまたガンガン使いますよ、Touch。

ちなみに自分のiPod Touch歴は以下。今まで売ったり買ったり、計6〜7台は買っていました。

- [関連記事] タッチで一日終わる日(2010.03.07)|旧まなぶろぐ。
- [関連記事] iPod Touch 2010(2010.09.03)|旧まなぶろぐ。
- [関連記事] Touch復活(2012.02.21)|旧まなぶろぐ。
- [関連記事] Egg×Touch(2012.07.11)|旧まなぶろぐ。
- [関連記事] iPodTouch 5th Debut!(2012.10.12)|旧まなぶろぐ。
- [関連記事] iPodTouch 5th 再Debut!(2013.03.24)|旧まなぶろぐ。

 

Apple iPod