Apple iPhone

iPhone 6s、6s PlusはSamsungかTSMCかによって性能が違うのをAppleが認める。

001

- image via TOUCH LAB

最初に言っておきますと、うちの6s PlusはSamsung製です。

iPhone 6s・6s Plusの「Apple A9」プロセッサは、Samsungと台湾のTSMCが供給していて、もちろん選んで買うことはできません(多分)。

6sはSamsung製が多く、6s PlusはTSMC製が多い模様(あれ?こないだまで真逆だったと思ったんですがいつの間に逆転した?)。

 

002

で今回は、アップルがその「A9」の製造元による性能の違いを公式に認めちゃったというもの。

- [参考] アップル、「A9」の製造元による性能の違いを公式に認める|TOUCH LAB

違いとしてはバッテリーの持ちのようで、2〜3%の差が出るとのこと。う〜んこれくらいだとどうでしょう。それ以外にも元々個体差(当たりハズレ)があるものですし、許容範囲だとは思うのですが、アンチKOREAの人々は騒ぎ出すかもしれません(笑)。

いずれにしてもAppleなので、致命的なものであれば無料交換プログラムが発動されますから、僕はあまり気にしていません。

ご自分のiPhone 6s・6s Plusが何製かを調べる方法は以下のURLからどうぞ↓

- [参考] iPhone6s・6s+の「A9」が「サムスン版」か「TSMC版」か安全に調べる方法|TOUCH LAB

 

Apple iPhone