Apps Google

Google翻訳がアップデート。ほんやくコンニャクがとうとう現実の世界に。

001

Google翻訳がリアルタイムに同時翻訳に対応するようになりました。さすがにドラえもんのひみつ道具には勝てませんが、これはもうほんやくコンニャク一歩手前といってもいいんじゃないでしょうか。

例えばスマホに何か日本語で話しかけると、あらかじめ設定した外国語で同じことを外国語で喋ってくれます。

もちろんこれで外国語の勉強は必要なくなるかといえば決してそうではないんですが、聞き取り精度もかなり高く、困ったときに確実に役に立つアプリになったことは間違いありません。

試しに日本語&韓国語で話しかけてみた。

 

002

僕「トイレに行きたいんだけど」
スマホ「ファジャンシレ カゴ シップンデ〜」

すげぇ。

今度は韓国語で話してみた。

 

003

僕「ファジャンシルン オディエヨ?(トイレはどこですか?)」
スマホ「トイレはどこよ」

えっと、ちょっとタメ口になっちゃってますが許容範囲か(笑)。

これらはクラウドを利用して翻訳されているので語彙の量もハンパないそうです。だから当然通信環境も必要になりますが、すでにSIMフリー機がこれだけ出回っているし、海外に行っても全く問題ありません。もちろんSIMフリー機でなくてもWiFi掴んでいればOKです。

 

004

またこれ以外にも、カメラで撮影した文字も翻訳してくれるそうだ。

って、これ以前ありましたね。調べてみたら、「米Quest Vsual社の「Word Lens」を融合させた機能」とありましたので、まさにコレですね↓

- [関連記事] 写真翻訳のWord Lensが期間限定で3000円分無料。(2014.05.23)|まなぶろぐ。

昨年末に「Skype Translator」が発表されて世間を賑わせましたが、早速Googleが追随してきた感じです。

 

- Skype Translator

外国語ができないから自国から出ないという話もたまに聞きますが、逆にこういった機会を通して、「外国語ができるとどれだけ楽しいか」ということから先に経験すると、考え方も随分変わってくるんじゃないかと思います。

韓国語に興味を持ってから早10年。僕の韓国語はいまだに超ブロークンですが、友達もたくさんでき、それはビジネスにも発展しました。異文化交流はホント楽しいです。

 

20120706_05

- Photo via @nifty何でも調査団

一昨年全国学習塾協会が集計した中高生向けのアンケートでもありましたが、傾向としては、一度でも海外に出た経験がある人は「また行きたい」と答えるそうで、出たことがない人は「出たくない」と答えるそうです。その結果、必然的に「出たくない」が多くなってしまうわけで、理由はあってないような感じもしますね。要はきっかけでしょう。

そう言えば、初めてこれを見た時は「アンニョンハセヨ」すら知らなかった↓
- [hulu] 猟奇的な彼女

 

- [参考] 大変です。Google様が「指さし会話シリーズ」をぶっ殺しました! | More Access! More Fun!

 

Apps Google