Apple_Watch Apps

Apple Watchの気温表示がおかしい場合はiPhoneで調整

001

何かの拍子にApple Watchの温度表記が華氏(℉)に変わっちゃっていました。

最近のお天気関係はもっぱらGoogle Nowに依存していてあまり気にしていなかったんですが、腕で確認できるこっちのほうがはるかに大事だろうと思い、直してみることに。

どうやらペアリングしている端末(iPhone)の情報をそのまま表示しているようなので、端末側を修正すれば一発終了のようです。

 

002

iPhone標準のお天気アプリを立ち上げると、はい、68℉とかすでに見慣れない表記になっています。この右下をタップ。

 

003

すると摂氏(℃)と華氏(℉)の切り替えがあります。

 

004

摂氏(℃)に変更すると、気温表記も日本人が見慣れたものになりました。

 

005

Apple Watchのほうも自動的に摂氏(℃)表記になります。

そういえば、WatchOSも2.0.1のアップデートがきていましたね。細かなバグ修正と新しい絵文字が使えるようになったようです。

- [参考] 【速報】watchOS 2.0.1がリリース バッテリーパフォーマンスの改善など | 楽しくiPhoneライフ!SBAPP

 

Apple_Watch Apps