diary iPhone

iOS 10.1.1アップデート時にiPhoneに「iTunes に接続」画面が表示された。いわゆるこれが文鎮化ってやつか!

002

全ての発端はこれ。
※スクショ撮り忘れたのでiPod Touchのですが。

スポンサーリンク

すでにiPhoneは10.1.1にアップデート済なのに、iTunes内には同じ10.1.1のアップデートが来ていた(同じバージョンだったのは事が全部済んでから気づいた)。

この辺はだいたい流れ作業なので、いちいち確認などしていない。アップデートボタンを押すと、自動でバックアップが取られてアップデートが始まる。全部Appleにお任せだ。

が!!!

 

001

アップデートの途中でiTunes上に警告が出て(確かエラー番号14)、iPhoneの画面にとうとうこれが出てしまった。これがいわゆる文鎮化ってやつである。iOSはTouch時代を含めてかれこれ7年使っていますが、初体験(笑)。

こうなるともう、正真正銘の文鎮。iPhoneは「ただの重り」にしかなりません。

まぁでも焦るなかれ。直前のバックアップはiTunes上にあるので、最悪それを戻して再アップデートかければよいだけだ。

↓公式での対処方法は以下。
- iPhone、iPad、iPod touch に「iTunes に接続」画面が表示される場合 - Apple サポート

 

003

とりあえずケーブルを抜いてiPhoneを再起動。再びiTunesにつなぐと上のようなダイアログが出現。

とりあえず「アップデートボタン」を押す。が、またエラー、文鎮化のループが始まった(笑)。なんじゃこりゃ。

一瞬アップルサポートへの電話がちらつくも、仕方がないので直前のiTunesのバックアップから復元、しようとしたら、ここでも軽い問題に当たる。

「iPhoneのバックアップのロックを解除するパスワードを入力してください」

え、何ソレ?!今までこんなのあった?

→ Apple IDを入力 → ダメ
→ iPhoneのパスコードロックを入力 → ダメ
 (この時点で若干焦る…)
→ ダメ元でMacのパスワードを入力 → 通った。なんで?(笑)。

これでやっと復元が始まり、ひとまずiPhoneは元通りとなりました。

ただ、冒頭のアップデートはまだ終わってないはず。が、なぜか「ソフトウェアは最新バージョンです」と出てる。どういうことだ。

試しにiPad Proを繋いでみたら、これも10.1.1が入っているのに、iTunes上では10.1.1のアップデートが来ていた。ひとまず無視で。

ここで、iPhoneも同じバージョンのアップデートだったんじゃないか、と気づく。長く使ってますが今回はちょっと謎ですね。

でも「文鎮化」に陥ってしまう例は今までも出ているので、その場合は慌てずに復元してください。そのためのバックアップです。小一時間iPhoneが使えなくなって軽く慌てますが。

 

↓iPod Touchもいいですよ。

diary iPhone