diary

プリンターが故障。これを機に、今後プリンターは必要かを考えてみる。

img_cmp_01

去年8月に買ったNECの「マルチライタ 5600C(カラーレーザープリンタ)」が調子悪くなって修理に出しました。ギリギリ保証期間内。

症状は、電源を入れるとしばらくしてエラーランプが点滅、エラーコードをチェックすると「092-651」。これは背面のセンサーに汚れがあるとのことで、サポートによると綿棒で拭けば良いと言われましたが、結局直らず(説明書の162ページに記載)。

修理は5日〜7日で戻ってくる予定。

レーザープリンタに変えてから、目詰りなどのインク関係で悩まされることはなくなりましたが、あたりまえだけど紙がなくなれば給紙したり、調子悪ければ掃除をしてみたりと、結局アナログから抜け出せないんですね。

FAXはもう2年くらい前に辞めましたが、いっそのことプリンタもやめられないかと考えてみた。

FAXは、当時少しずつ「辞める」運動をおこしながらも、どうしても使わなければならない広告代理店の取引先が1件だけありました。結構ご年配の担当者で、電子媒体にしたことがないという。そこで、今後のお取引を円滑にするためにそのメリットを説明し、使っている複合機の型番を聞き、スキャニングしてPDFに落とし、メール添付までの方法を教えてあげました。すると、もちろんこちらの作業がスムーズになったのもありますが、先方も「書いたものがPC内に保存できるようになって便利になり、紙は捨てちゃってよいので探す労力も減った」という。結果的に、FAXを辞めたことで双方にメリットがあったわけです。

電子媒体にすることで紛失しにくくなり、どこにいても確認ができ、何より検索が効くようになるので、大幅な作業時間の短縮が見込めるようになります。この流れで、プリンタもなんとか辞められたら嬉しいのですが。

僕がプリンタを使うのは、過去数年を遡って考えると以下の3つでした。

1)年賀状の印刷
2)航空券の印刷
3)請求書の印刷

まず年賀状。印刷を100枚として考えてみます。カラーレーザーの印刷コストはA4用紙1枚で18.1円(NECのカタログサイトより)。ハガキだと、、、まあ1枚10円としましょうか。100枚印刷して約1000円。

この印刷を印刷屋に頼んだ場合は、ポストカード印刷100枚で1,160円(プリントパック8営業日片面4色)。実は値段的にたいして変わりません。また、こちらは印刷屋の印刷なので失敗印刷もなく、モノもしっかりします。デメリットは、時間がかかるのと「お年玉年賀はがき」じゃなくなることでしょうか。

でも、これはやめるなら真っ先にやめられそうですね。

次に航空券(または各種バウチャー)の印刷。主にLCCを利用するようになってから印刷が必要になりました。しなくても問題ありませんが、事前に印刷をしていくといちいちカウンターに並んでチケットを発行してもらう手間が省けます。これも最悪カウンターに並ぶか、途中のコンビニで出力していけばしのげそうです。

- [関連記事] コンビニでUSBメモリからPDFデータを印刷してみた。|まなぶろぐ。

しかし問題なのは最後の請求書ですね。最近になってPDF請求書を受け付けてくれる企業も増えてきましたが、まだまだ紙でないといけない風潮も根強く残ります。

PDFならメール添付で一瞬なのですが、紙の場合は、封筒に入れて、切手を貼って、ポストに投函する、という、考えてみれば大幅に作業が増えるし、「紛失したのでもう一度送って欲しい」などのご要望もたまに出てきます。これこそ真っ先に電子媒体にすべきだと思うのですが、いまだにFAXがなくならないことを考えると、大転換にはまだまだ時間がかかりそうです。

ということで、月に2〜3回の請求書印刷だけならば、コンビニで出力して、そのコンビニで切手を貼って送ればよいので、やめようと思えばプリンタもやめられるかなという感じです。

いちいち行くのが億劫だという意見もあるかもしれませんが、結局ポストに投函するには行かなければならないので同じですね。また、紙詰まりやインク交換などのアナログ作業と無縁にもなれるのも嬉しいです。

今回修理から帰ってきたら、もちろんしばらくは使いますが、もしかしたら次回買い換えることはもうないかもしれません。

 


diary