diary

Amazonパントリーが便利すぎて腰抜かした。

001

前回、「Amazonプライムビデオ」を使ったブログを書きましたが、今回は初めてパントリーを使ってみた。Amazonが数カ月前から始めているサービスです。

 

Amazonパントリーとは?

002

「食品・日用品を中心とした低価格の商品をひとつから必要な分だけ、ひと箱あたり290円の取扱手数料でお届けします」というサービス。付け加えると、ダンボール1つに詰め込めるだけ手数料一律で購入できるというもの。

- Amazonパントリー(要Amazonプライム会員)

 

ダンボールに詰め込める目安は?

003

各商品の下に「パントリーBOXの使用率」というものが記載されてあり、これが100%まではダンボール1個で(290円の手数料)で買えます。

例えばこの爽健美茶をいっぱい欲しい時は5本で85%、残りの15%は他の物をって感じで買い物をしていきます。290円の手数料を考えると、その辺のスーパーで買うよりもお高くついてしまうかもしれませんが、なんとその手数料を0円にする方法もあり。

パントリーサイト内に、「まとめて割引」というコーナーがあり、そこに載っている商品を4つ以上一緒に買えば手数料が0円になります(2016年1月26日現在)。

一つ注意点は、「詰め込み放題」となると、なんだか得した気分になっちゃいがちですが、当たり前だけど、買った分のお金は払います(笑)。

 

Amazonパントリーで何を買う?

004

それはもう、自分の場合はもっぱらドリンク類。あとティッシュ類。ドリンクは類は重いので、自分で買いだめするには結構な重労働です。それがほぼほぼスーパーと同じ値段で、かつ持ってきてくれる、となったら利用しないわけにはいきません(笑)。

上に書いた「まとめて割引」コーナーにもドリンクはあるので、まずはここから4点、それから100%になるまで詰め込めば、安く便利に活用することができますよ。

ということで、当面のドリンク類はこれにお任せすることにしました。とうとう日用品までAmazonで買う時代になってしまった。

- Amazonパントリー(要Amazonプライム会員)

 

diary