Google

Google、検索結果に著者写真とGoogle+のフォロワー数の表示をやめたらしい。

001274

今までのGoogle検索結果の写真表示。

実は、7月に入ってからブログのアクセス数が10%くらい減った感じがあり、まぁ、特にバズるようなものもないし、この辺が頭打ちかなと思っていましたが、丁度その辺りのタイミングで以下のような記事がありました。6月27日のものですから、実に2週間も知りませんでしたよ。

- [参考]Google、検索結果画面での著者写真とフォロワー数の表示を停止|SEMリサーチ

昨年は、表示する人が多くなってきたに連れて、一度「コンテンツの質」によって、内容の薄いコンテンツが多いサイトや、アクセスが少ないサイト、はたまたSEOを意識したブラックサイトを含めて大幅に写真を削除した措置がありました(僕も一旦削除されました(笑))。

その後、このブログも一日のアクセスが1000人に近づくに連れていつの間に写真が復活していたので、やっとGoogleさんは認めてくれたかな、なんて思ってもいました。

今回の廃止については賛否両論でいろんな意見がありますが、少なくとも僕の場合は冒頭に書いたように10%くらいの影響はあったということになりますね。ちなみに、僕は自ら表示させるようセットアップしたので、もちろん賛成派ではありました。

ただ、これをみんながやるようになると検索結果画面がうるさくなりますし、今までのように一部の人がやっているだけだと、確かに不公平だという気持ちもあります。

ということで今回の写真表示廃止の措置は、注目されているサイトかどうかの判断がしづらくなってしまったという僅かな一面もありますが、公平を期すという意味でアリなんじゃないでしょうか。

 

Google