iOS iPhone

手軽に背景ぼかしができるiPhone 7 Plus、デュアルカメラのポートレートモードの実力は?

001-6

先日iOS 10.1にアップデートされ、いよいよiPhone 7 Plusにポートレートモードが実装されました。デュアルカメラの本領発揮です。どうやらこの背景ボケを被写界深度エフェクトと言うらしい。

 

003

撮り方は簡単。ポートレートモードにして普通に撮るだけ。このデュアルレンズによりしっかり背景がボケてくれます。

スポンサーリンク

 

002

ボケてないものとの比較はこちら。

ポートレートモードで撮影すると、自動で背景がボケたものとボケてないものの2枚が保存されます。こう見ると確かにボケてる方が立体感が出て人目を引く美しい写真に見えます。

しかし…

 

003

この場合、キャップの上部のボケが被写体に被ってしまい、よく見るといかにも「フォトショップで加工した荒い仕事感」が垣間見れ、完璧な背景ボカシではありません。

この写真の場合もう一点、PCの左上の角あたりも怪しいですね。

あくまでも「ポートレート(人物写真)モード」という名称なので、被写体によって(または背景によって)は得手不得手があるようです。これはまぁ仕方ないですね。運も込みということで(笑)。インスタには早くもいろんな面白いボカシが上がってました。

 

007

Apple公式だとこんな感じ。ま、人物ですね。

 

 

マサユキさん(@stumsky)が投稿した写真 -

こちらはインスタから。一見カッコイイですが、自転車のスポークが消えちゃってるというあり得ないことも起きてます(笑)。さらによく見るといけてるところもあるので、被写体に対して得意不得意な背景があるっぽいです。

 

008

また、このモードで撮影する際は撮影距離のコツが必要で、近すぎると「離れてください」と注意され、離れすぎるとボケません。40〜50センチがちょうどよい感じです。

でも、iPhoneの場合はこの距離で撮ることは意外と多いと思うので、手軽にそれっぽく撮りたい場合は何かと使えるんじゃないでしょうか。とりあえずインスタ勢は重宝するアイテムかもしれません。

 

↓当たり前だけどまだまだミラーレスのほうが上ですな。

iOS iPhone