iOS

なぜ今まで消せなかったのか?iOS 10.2アップデートでスクリーンショットが無音になり、シャッター音が小さくなった。

先日リリースされたiOS 10.2で、スクリーンショット撮影時の音が消え、iPhoneのシャッター音が小さくなりました。これは神アプデと評する人も多数。

 

スポンサーリンク

iOS 10.1.1のiPhone 7 Plusのシャッター音のボリュームは95dBでしたが、iOS 10.2では69.8dbを計測。実際に耳で聴いても音量の違いは明らかで、アップデート後のカメラシャッター音は爆音から確実に小さくなっています。

神アプデ「iOS 10.2」で爆音のカメラシャッター音が小さくなる|携帯総合研究所

では自分は今までどうしていたかというと、iPhone 6sまではスピーカーが右下部分だけだったので、ここを押さえて撮影すれば音はほとんどしませんでした。

 

ところが、ステレオスピーカーが搭載となったiPhone 7ではもうどうにもできない爆音状態に。さらにiPad Proに至っては4スピーカーだ(笑)。

一つ方法として、「ライブカメラ」を使うってのもありました。

 

コレを使うと撮影時に「カシャッ!!」と鳴らず、小さく「ピコッ」って鳴るだけになります。私は去年これが実装されたiPhone 6sからカメラはライブカメラにしています。

 

ライブカメラとは?

写真と同時に、3秒間の動画を撮影します。

で、写真を強く押すとムービーが再生されて、いわゆる「動き出す写真」ってやつです。「強く押す」ってアクションが実装されたのがiPhone 6sからなので、iPhone 6以下ではできません。

メリットはその場の空気も一緒に記録できること。知らない人に見せると驚きますよ(笑)。デメリットはムービー分容量を食ってしまうこと。写真がだいたい1枚1〜2MB、ムービーが4〜5MBくらいでしょうか。従って、ライブカメラ1回の容量は普通のカメラの3〜4倍って考えて良いでしょう。

※私の場合、写真は最終的に全てDropboxのカメラアップロードで管理しているので、ライブカメラの場合は、写真とムービーの2ファイルがアップロードされます。で、おもしろいムービーだけ残して、後は全部消すという作業をしています。

 

スクリーンショットが無音になった!

- iPhone 6/6Plusの正しいスクリーンショットの撮り方 | マイナビニュース

どちらかというとこちらの方がうれしいです。スクリーンショットはライブカメラ機能が使えないので、iPhone 7の場合はステレオスピーカーで常に爆音で、外ではなかなか撮りにくいものとなっちゃってました。

今回これが無音になって嬉しいのですが、スクリーンショットなのになんで今までシャッター音が鳴っていたのでしょうか?

そもそもなぜシャッター音が鳴るのかは、盗撮防止だってことは周知の通りですが、スクリーンショットは自分の画面を撮るので、盗撮も何もないように思えます。しかし、「カメラを立ち上げて被写体を写した状態」でスクリーンショットを撮るとどうでしょう?これはスクリーンショットといえど、カメラ撮影と同じになりますね。

きっとこれが理由でなかなか踏み切れなかったんじゃないかと。で、今回はどうかというと、「カメラを立ち上げた状態でのスクリーンショット」は、ちゃんとシャッター音が鳴るようになってます(笑)。

うん、これでいいのだ。

 

- iOS 10.2にすぐアップデートを。パスコードなしで端末にアクセスされるバグに対応|ギズモード・ジャパン

 

iOS