iPhone

使わなくなったauのiPhone 5に期限切れのSIMを切断して入れてみた。

001

アンロックiPhone 5S生活5日目の僕です。

いらなくなったiPhone 5は即売りに出そうかと考えていたものの、日本のSIMロックiPhoneはさほどの値がつきません。現在ぜいぜい2〜3万円。

これなら、ちょっと重い「iPodTouch」として使い続けてもいいんじゃないかと思ったのと、ケースから出したらその「美術品」ばりのフォルムに、輪をかけて売るのを躊躇しています。

 

002

そこで、昔のSIMが2つあったのでアクティベート用に入れてみることにした(もちろん両方共期限切れのものです)。

iPhone 5は「nano SIM」なので、小さく加工する必要があります。SIMカッターなるものも売ってるらしですが、面倒なのでハサミで。

 

003

一つ目(Androidの標準SIMを切断)、「SIMが無効です」(笑)。

で、二つ目(iPhone 4SのマイクロSIMを切断)…うんともすんとも言わない。微妙に切り過ぎたんだと思います(笑)。

この辺、みなさんヤスリで削ったり、結構シビアに形を整えているみたいですが、こっちは最初から期限切れSIMなのでその辺はオール割愛で一発切りしたのがいけなかったですね。

以上、何の検証もなりませんでした!

まぁ、アクティベートが必要になったら、5SからSIMを抜いてくれば良いだけです。でもau辞めちゃうとアクティベートもできなくなるので、こういう時にSIMロック機というのは融通が効かないことを痛感しますね。

ところで、今回5Sに変えて何が変わったかというと、「見た目、ホームボタンに金色のリングが付いたくらいであんまり新しさを実感できてません(笑)」。ゴールドに変えたものの、自分ではあまり裏面は見ませんし。指紋認証は便利になりましたけどね。

 

iPhone