iPhone

iPhone 6 SIMフリー版を一日使ってみた感想。操作感、着信、テザリングの落とし穴、その他現時点での不具合など。

001

本日iPhone 6が届き、早速SIMを挿してメイン機として使っています。挿したSIMはひとまず契約中のauのiPhone 5時代のSIM。

 

まずは気になる操作感から

4インチと4.7インチでは、扱いが大きく変わりました。以前GALAXY Noteや、GALAXY Playerを持っていましたが、ほぼこれらを扱う感覚と同じになりました。

慣れもあると思いますが、メイン機として「キビキビ使用したい」という点では、まだ僕は4インチを推します。今回のように5インチ近くまで大きくなったものは、まず片手でロック解除するにも落としそうで気を使います。握っているというよりもただ手に乗せてるだけの感覚。5インチのNEXUS 5なんかは元々そうですが、これがiOSでメイン機となると、持ち方や操作時のスタイルを変えなくてはならないことに気づきました。

4インチに慣れているiPhoneユーザーは最初きっと戸惑うんじゃないかと思います。アンドロイドユーザーなどは普段から普通にこの大きさを扱っていますので、まぁ戸惑うのは最初だけだとは思いますが。

今回この大きさの変更は、iPhone 4sが5に変わった時よりも大きな衝撃となりました。

でもどうだろう、外観の細かい作り込みはさすがに群抜きで美しいんですが、なんかこうすでに出回ってる感といいますか、ある意味新鮮味にかけるというか、これならGALAXY Noteの方がまだセンセーショナルだった気がします。ジョブズだったらこれは出してないんじゃないかと思ったりもした。

 

次に着信

002

これがiOS8から大きく変わった機能です。着信は当然最初はiPhone 6が受けるのですが、次の瞬間にその他全てのiOS機器が鳴り出します。iMessageもそうですが、これ非常にやかましいです(笑)。

 

002-2

もちろんiPhone 6以外の端末でも電話に出ることができ、iPadも電話機になります。元々電話アプリが入っているiPhone系はその電話アプリで着信します(最初SIMを抜いているのに鳴り出して焦りました)。

 

002-3

iPod TouchやiPadなどは、Facetime Audioで通話するみたいです。もちろんFacetime内に履歴が残ります。

これに今度はMacのYosemiteも加わると、さらに輪をかけてやかましくなりそうです。これは果たして便利なんだか単にうるさいだけなんだか…(笑)。まぁ便利なのに越したことはないので、これも慣れでしょう。

例えばトイレにiPad持ってって新聞読んでても、着信があったらそのiPadで電話に出られるということです。

ということで、外出中はiPhone以外のiOS機器も、しっかりマナーモード(音量オフ)にしておく必要がありそうです。

 

次にテザリング

まず、今まで通りテザリングは問題なくできました(iPhone 5s SIMフリーの時に確認済み)。

でも今回初めて勉強になったことがあります。それは、iPhone同士はBluetoothでペアリングしないということ。テザリングはいつもBluetoothを使っていますが、iPhone 6とiPhone 5sをペアリングしようとしても一向に認識しませんでした。

調べてみたら、どうやらこれは仕様とのこと。これは初めて知りました。ということは、5sにはMVNOを入れてあげろということですね。

- [参考] iPhone同士のBluetoothテザリングはできないって、知らなかったよ。 | [箱]ものくろぼっくす

 

その他現時点でのiOS8の不具合(Dropbox)

003

細かい部分でまだ幾つかあるかもしれませんが、大きなところでは、現在Dropboxのカメラアップロードが非常に不安定になっています。

今回iOS8から写真内の「カメラロール」がなくなり、このカメラロールとフォトストリームが合わさって、「最後に追加した項目」に変わりました。これは、写真は撮った瞬間にiCloudで同期され、全ての端末で全ての写真を同期させるという機能。便利にはなったのですが、Dropboxは基本的にこのカメラロールを探しに行っていたので、それがなくなっちゃった今、不具合が生じているという感じです。

iOS8対応のアップデートが来ていたんですが、これでもダメでした。

全く同期しないということではなく、iPhoneがえらく重くフリーズしたようになり、最後にはDropboxが落ちるといった症状が出ていますので、現在は仕方なくカメラアップロードをオフにしました。なので現在、「スマホ→PC」の瞬時の写真移動に支障が出ちゃっています。ひとまずはiPhotoかGoogle+を代用ですね。

Dropboxは再度アップデート待ちです。

 

ということで、今回最も大きな衝撃は、やっぱり大きさでした。前ポケットにはギリギリ入りましたので、自分の場合はひとまずPlusにしなくて良かったです。しかし、いずれにしても今まで片手で操作していたものがそうでなくなったので、今までのiPhoneユーザーからしてみると、賛否両論分かれる部分でしょう。

今回iPhone 6を手にしての率直な感想としては、今までの4インチの素晴らしさが改めてわかったことと、明らかに見やすくて操作しやすい大画面スマホの扱いに、これから慣れていかなければならないと思いました。

 

iPhone