Korea

PEACH、ソウル線就航記念。3990円チケットを買って韓国に行ってみた【往路編】。

001

ソウル線の日本のLCCは、昨年唯一のバニラエアが撤退してしまい残念だったのですが、この度PEACHがソウル就航。そしてその就航記念で、3,990円チケットを発売していたので買ってみた。往復7,980円。

 

010

といっても国際線なので、双方の空港利用料などが加算されて、結局15,000円くらいにはなります。まぁそれでも十分安いですが。

 

002

また、成田発ではなく、羽田発なので注意。前日まで成田だと勘違いしてて危なかった。

 

良いか悪いか?とんでもない時間のフライト

003

往路が2:00発(もちろん午前(笑))。
復路が22:50発。

PEACHの言い分↓
「早朝にソウルに到着し、出発も夜遅いフライトスケジュールだからこそ、現地滞在時間が長く、日帰りでも1泊2日でも十分に楽しんで頂けます」

さて、ホントか?

まず往路。午前2:00のフライトなので、「出発日」を間違えないように。例えば「1月1日出発」であれば、12月31日の夜には空港にいなければいけません。

 

004

で、最大の問題。いつ寝るかってことです(笑)。機内で少し寝られますが、4:30には着いてしまうので、着いてからもどうすんだってこと。早朝に着くといっても早朝すぎる。そしてほとんど寝てないのおまけ付き。

でも仁川空港はさすがに世界のハブ空港ってだけあり、24時間それなりにいろいろと充実しています。

B1(スタバのさらに奥)にはスパもあり、とにかく寝たい場合はそこで仮眠もOK。
SPA ON AIR
料金は深夜料金の20,000W(6:00から15,000W)。これで大浴場と休憩室(雑魚寝部屋)は利用可。また個室が欲しい時はプラス15,000W。

どこを見ても評価がかなり高かったので、ここに行こうと決めていたのですが、個室が満室だったのでやめた。で、適当にコーヒー飲みながら椅子に横になってiPhoneいじってたら寝てしまった(笑)。

 

005

写真は横なって撮ったもの(笑)。早朝の仁川国際空港、いい眠気を誘います。ベンチ寝の狙いはKTX乗り場方面。ここは人通りが少なく、照明も暗く、気持ちよかった(荷物の盗難にはくれぐれも注意)。おまけに近くにセブンイレブンあり。

数時間後、中国人がうるさくて起きた。

 

006

そこで少しだけ仕事をして、とりあえず空港鉄道でソウルのスパに向かうことにした(まだどこかで寝ようとしてる)。時間は午前8:30。

チケットは、クレジットで買いたかったので自販機ではなく直接駅員さんへ。Arex指定席のソウル直行便で片道8,000W。そこで、ディスカウント的なものを説明され、ちょっと言葉が聞き取れなく、最後に「KOREAN AIR?」「はい」的な会話で6,800Wになった。え、ホントはPEACHなんだけど…。まさかの証明書の提示もなく…駅員さんごめんなさい。

 

011

Arexの無料WiFi。IT先進国はこの辺ぬかりなし。

車中で、今回泊まるホテルにもスパがあるのを思い出し、先にチェックインしてホテルのスパも見ておこうと思い、ホテルに行ったら、11:00前なのに掃除が終わってるということで部屋に入れてくれた。これは日本じゃ絶対考えられないですね。入れたとしても別料金。これがコリアンクオリティ。

- [参考] 迎賓ホテル(영빈 호텔 (ヨンビンホテル))|KONEST

 

007

7階の最上階で、隣に屋上に出る扉もあった。見晴らしもよくラッキー。部屋に入れてくれれば、まだ午前11:00だけどもふかふかのベッド、そりゃ寝ますわ。

3時間も昼寝(というかマジ寝?)して14:00に起床。そのままホテルのスパへ。大浴場最高。正直衛生面での期待はあまりしてなかったけど、衛生面も利用方法も日本とほぼ同じで問題なし。ただ、多分他のスパも似てるんじゃないかと思いますが、アメニティが寂しいです。まずシャンプーがない。石鹸も固形。その他はほぼ日本の一般的な大浴場と同じで、サウナもあればジャグジーもあった。まぁ、シャンプーは部屋ですればよい。

確かに考え方によっては滞在時間は長いかもしれないが、「前日ほとんど寝られない」「とんでもない早朝に到着する」「結局どこかで寝場所を探す」というのを考えると、どっちがいいかですね。でも楽しめはします(笑)。

以上往路。

後は復路の問題がクリアできればリピあり。復路は、もっととんでもない時間に羽田に降ろされます(笑)。

機内は、LCCなので当然席も狭く、機内食は有料、という感じですが、さすがに寝ると思いますので、全く気にならないまま着いた。機内食もこの時間なのでむしろいりません。でもLCCならではの、そのうちカップヌードルのにおいはしてきます(笑)。必ず誰か食うんだな。

PEACHは初めて乗ったんですが、離陸時に照明を落とさないのは初めてでした(飛んでる時はちょくちょく暗くはなりますが)。着陸時は落としたのかな?ウトウトで気づかなかった。

あと、アナウンスも標準語じゃん、とも思ってましたが、到着して最後に「ホンマおおきに」と。英語アナウンスでも最後に言ってたので、決め文句なんですね。

 

008

夕食は定番のサムギョプサル。いくらウォン高だと言っても安い。店員さんが親切で、大阪に行ったことがあるそう。日本人ということで、いろいろ気を使ってケアしてくれました。

つづく。

- [関連記事] PEACH、ソウル線就航記念。3990円チケットを買って韓国に行ってみた【復路編】。(2016.03.23)|まなぶろぐ。

 

Korea