MVNO Xparia Z3

ソニーがイオンSIMでSIMフリー機を投入?!

001

先日、風呂用としてXperia Z3 Tablet Compactを購入したのですが、これがなかなか風呂だけでは体力を持て余していてもったいなく、ちゃんとケースを買って持ち歩いても良いかなと思っていた矢先に飛び込んできたニュースです。

価格は本体一括で3万円前後で、分割でも通信費込みで月3,000円程度とのこと。MVNOサービスなのでもちろんSIMフリー機でしょう。またSONYのSIMフリー機は日本では初めてとのこと。

で、そのXperia本体は一応「旧型を売る」とされていますが、3万円前後となるともしかしてZ Ultraあたりでしょうか。香港のEXPANSYSを見ると、現在Z UltraのSIMフリー機が33,355円。これが来るならちょっと欲しいぞ。

加えて、中身は携帯会社にいじられていないグローバル版の可能性も高いです。これなら世界に遅れないスマホとして使うこともできます。

MVNOは、現在ASUSのSIMフリーZenPhoneなどの高スペック機の投入で、今まで以上に魅力を帯び始めています。「カケホーダイ」とか時代逆行で迷走している携帯会社を横目に、いよいよSONYも舵を切り出した感じですかね。

グローバル化してきましたね〜。

- [参考] ソニー「エクスペリア」を格安スマホに投入へ イオンから発売 高級モデル路線を変更|産経新聞

- [関連記事] Xperia Z3 Tablet Compactを買ってみた【その1】。これでお風呂も怖くない?(2015.01.15)|まなぶろぐ。

 

で、イオンSIMってどう?

002

最近はどこのMVNOも似たようなサービスになってますね。だいたい毎月2GBのLTEで2,000円弱が主流です。

通話料も30秒20円でこれも横並び。でも知ってる人はみんな楽天電話を使ってると思うので、通話料は常時半額。って、イオンSIMは楽天電話を使えるのかな?と思って調べたら使えるようでした↓

- [参考] イオンのスマートフォン:本体代金(Nexus 4)+使用料がセットで月額2,980円!

後はLTEの切り替えアプリがあるならBIC SIM(IIJmio)に近づくんだけど、ってこれもありました↓

- [参考] Turbo Charge (高速と低速をワンタッチで切り替え!)|b-mobile(bモバイル)

僕みたいに1ヶ月に2GBも使わないっていう人は、アプリを使わずとも常時ONでOK。

まさかWiFiアカウントはないでしょう?と思ったらこれもありました↓

- [参考] BIGLOBE LTE・3G for イオン:データSIM

 

結構いいかも、イオンSIM。。。

【追記】
WiFiアカウントは有料でしたね(初月無料)。これならいらないかも。

 

※楽天電話の可否と、切り替えアプリはソースが古い場合がありますので、事前に確認されてください。

 

MVNO Xparia Z3