iPhone MVNO

じゃんぱらで買ったiPhoneがすごかった。単なるルーターとしてiPhoneを購入してみた。

001

MVNOが完全に幅を利かせてきた今日この頃。

昨年は、ドコモが純増シェア50.5%と大幅な伸びを記録したそうですが、内訳としてはその5割以上がMVNOだったようです。

- [参考] 「音声定額」と「MVNO」が変えた通信大手3社の純増競争の潮目

現在のメイン機は相変わらずのBIC SIM。ここのところ外で仕事をすることが増え、SIMをもう1枚契約することにしました。

端末はSIMフリー機(もしくはdocomo機)ならなんでも良かったんですが、なんとなくiPhone 5cに。今まで手にしたことがなかったので(こういう場合、間違えてもauやSoftbank機を買わないように。auはマイネオSIMのみで使えますが、Softbankのスマホは基本再利用できませんから)。

iPhone 5cの発売日は2013年9月。そろそろ3年になります。もう10000円前後で買えるかなと思ったら、現在相場で15000〜20000円くらい(程度による)。iPhoneは値が落ちません。

スマホの経年劣化として代表的なのは、バッテリーと画面やけ(ピンク焼け)。3年も経過していれば、普通はこの辺はある程度覚悟しなければいけません。

いろいろと比較しながらたどり着いたのが「じゃんぱら」さん。博多の店舗で「多少の小傷あり」が15800円で売られていたので買ってみた。

- じゃんぱら【中古&新品 スマホ・PC・デジタル家電の販売・買取】

 

002

開けてみて驚いた。

小傷なんぞどこにも見当たらなく、新品同様品。もしこれを自分がオークションで出すとしたら、間違いなく「美品」とするレベル。もしかしたらコンパウンドか何かでひとつひとつ磨いてるのかもしれません。

iPhone 5c特有の背面の色あせもなく、画面焼けもなし。下手にオークションで「キズ有り品」を落とさなくて良かったです。しかも来て気づいたのだけど32GBだった(8GBでも良かったんですが(笑))。じゃんぱらいいかも。

ルーター使用なので、正直容量も外観もどうでも良かったんですが、あまりにキレイだったので、慌ててケースを探すハメになった。

 

SIMはやっぱりBIC SIMでしょう?

003

そうするつもりだったんですが、いろいろといじっとくのもよかろうと思い、今回「イオンSIM」か「DMM SIM」かを迷ってDMM SIMに。

イオンは送料を取るそうなのと、WEBでの申し込み手順が超絶リテラシー低いとの噂だったので(笑)。理由はそれだけ。

- [参考] 難しい?イオンモバイル・WEB申込み画像解説《4つ難所有!》

どちらもバースト転送ありで、もうどのSIMを挿してもいい感じですね。

- [参考]「DMMモバイル、IIJmio、hi-ho」の「バースト機能」を解説

DMMは、高速データ通信プランが月480円から。

- [参考] 格安SIMを選ぶなら、断然DMM mobileがおトク!

それはそうと、もう「格安SIM」って呼び方もどうかと思いますね。どう考えてもこれが適正だと思います。他が「格高」なんです(笑)。

 

↓ なんとIIJが来年3月までウェルカムパック90%オフ!知らなかった!

iPhone MVNO