LINE news

LINEのAIスピーカー「WAVE」、先行体験版の予約の流れ。支払いはLINE Payで。

Mac Proか!!!!

えっと、とりあえずApple意識しずぎ(笑)。

 

スポンサーリンク

7月14日より、LINEのAIプラットフォーム「Clova」のスマートスピーカー、「WAVE」の先行体験版の予約受付がスタートしました。

肝はこの「Clova inside」。

今年の暮れから、ここにApple、Amazon、Googleが加わって、このAIの「inside」が乱立する予感。しかし米のこの影響力のすさまじい勢力を振り切って真っ先に売りにこぎ着けたのは、さすがのKOREANスピード。今の時代、何よりも「スピード」が世界を制すのだ。

出荷は7月下旬から8月上旬とのこと。価格は税込み1万円。送料無料。秋に正式発売となる正式版は、税込み1万5000円になるようです。

 

 WAVEは、「Clova」と話しかけるだけでコミュニケーションを取ることができ、音楽再生や天気予報、アラームなどを音声指示で操作できるスマートスピーカ。「LINEニュース」と連携したニュース情報のほか、EC、カレンダー、翻訳、LINEメッセージの読み上げ・返信に対応する。また、本体内に赤外線モジュールを搭載し、家電の音声操作も可能だ。
https://japan.cnet.com/article/35104277/

 

予約方法

こちらから予約(PCから行いましたが、スマホからでもできるはず)。ログインが必要なので、この「予約する」ボタンを押した後にLINEのメアドとパスワードの入力を促されます。

配送先その他の個人情報を入力して、「決済ボタン」を押す。言われるがままなので、つまずくことはないでしょう。

 

この段階でスマホにLINE Payからメッセージが飛んできます。

 

ここからはスマホで。支払いは、LINE Payチャージかクレジットカードで。私はすでにクレジットカードを登録してあったので、下の「10,000円の決済を行う」ボタンを押せばOK。

のはずが、ちょっと躊躇していると、スマホがスリープしてしまい、再度立ち上げると、数分なのにこのLINE Payからの通知が消えてしまい。。。(やり直し?)

ところで、今回やっとわかったことが一つあった。「LINE Payにクレジットカードを登録してどうするんだ?」と思っていたが、こういうときに使えるのか。

 

今回の先行体験版は、LINE MUSICの6ヶ月無料チケットが付与される特典もあるので、普段LINE MUSICを利用している方はお買い得かもしれません。

現在の日本国内のLINEのMAU(月間アクティブユーザー)は、概ね日本人の2人に1人で6800万人。台湾、タイ、インドネシアをプラスすると1億7100万人とのこと。

インスタグラムの7億人には到底及ばないけど、LINE側ではこの膨大なデータが蓄積され、これがClovaに活かされたときにどうなるかというのは確かに楽しみでもありますね。

 

えっと、その肝心のWAVEですが、決済ボタンも押してるし、途中までホントに買うつもりではいたんですが、ちょっと迷ってしまった。輪をかけて通知が消えて……えっと…私はApple買います(笑)。

とは言いながら、データ的にAppleよりも、より日本人向けにバイアスがかかっているはずなので、もしかしたら米産AIよりLINEのほうが日本人にとっては使いやすくなるかもしれませんね。それは来年のお楽しみ。

- [関連記事] クラウドAI、もし日本がLINEで染まるとどうなる?(2017.06.21)|まなぶろぐ。

 

LINE news