Investment news

北朝鮮緊迫で米経済が迷走中。米株が急落する今、個人投資家はどう行動する?

image via finviz ←拡大図はコチラ。

まぁ、真っ赤っ赤ですよ奥さん。

 

決してエヴァンゲリオンのEmargency画面ではありません。

 

スポンサーリンク

-米国株、ダウ204ドル安 2万2000ドル割れ 北朝鮮情勢を警戒し売り広がる (写真=AP):日本経済新聞

 

上は過去3日間のニューヨークダウ平均。見事に下げました。ハイテク株の多いナスダック市場もほぼ同じ状態。

さて、この状況にみなさん慌てております。まず起きているのは「円買い」。ドルの価値が暴落する前に、信頼度の高い「円」に替えて防衛するのです。

 

気づけば、とうとう1ドル108円台の円高。果たしてドルの価値はどこまで落ちる?4月もこの付近まで下げましたが、もしも108円を割ってくるようになると少し深刻です。

 

この局面をどう乗り切るか?

①そのままステイでやり過ごす派?

上は1年で見たNYダウ平均。長期で見ると、今回の急落は実は全く大したことはありません。過去を遡っても、1000ドルレベルでマイナスになったとしても1〜2ヶ月で戻しています。もちろん「Nuclear Bomb(←あえて英語で書きます)」的なものが飛び交うとなればそれは未知数なんですが。。。

 

②売って円に戻す派?

上は過去1年の「米ドル/円」のチャートです。確かに現在「防衛策」としては得策なのかもしれませんが、今は米株を売るにも安くなっているし、ドルが安く(円が高く)なっているので、かなりな「保険料」が必要になります。

さらに、本当に有事の際は円もどうなるかわかりません。

↓「金を買え」というリスク回避法も日経新聞にありましたが…。

-「金を保有しろ」北朝鮮緊迫でリスク回避 (写真=ロイター):日本経済新聞

関係ないですが、内容が内容なだけに最初見たとき「金」を「キム」って読んでしまいましたよ(笑)。

 

③さらに買い足す派?

上は現在の私の「米ハイテク株」のポートフォリオ(取得株数と損益はモザイクかけます)。右下部分、先日買い足したGoogle株は、初めて買値より下がり、ハイテク株では初めて「青字(マイナス)」になりました。

さて、どうすべきか?

各報道が連日不安を煽るのを横目に、実は現時点では全く楽観視している自分もいます。アマゾンもGoogleも最高値時に比べると100ドル近く落ちましたが、ハイテク株は今までの貯金が半端ではなく、100ドル程度じゃビクともしません。

ドルも安くなり、株価も下がっているということは、絶好の「買い場」でもあるのです。

私は即答で「BUY」にします。

買い足しです。

慌てるのは全然早い段階だと思うのですが、備えあれば憂いなし、という言葉もあることをお忘れなく(>特に自分)。

 

心配事の99%は起きない。byブッダ

↓こういうとき、とりあえずこんな本はいかがでしょうか。

Investment news