Apple diary MacBook

Macbook Airを分解して掃除します。道具があればカンタンです。

年度末、毎度のことながらお金が合わずに3日目が過ぎました。

 

スポンサーリンク

必ず何かしら漏れるんですよね。ちゃんと出揃えば合わないはずはないのです。また洗い直し。

というか、エクセルは嫌いだ。

さて、注文していた星型ドライバーが届いたので、初めてMacbook Airを分解して掃除します。これ↓

エアダスターも必須です↓

まずは13インチから分解。後ろのネジ10本を慎重に外して、どのネジがどの部分かをわかるようにメモして置いておきます。

 

ネジを外せばフタはカンタンに取れます。特に矢印をしたファンの部分が案の定かなり汚れていました。

早速風呂場に持っていってエアダスターで一網打尽。一瞬で全てが宙に舞ってきれいになります。

 

次に11インチ。しかし予想に反してこっちはほとんど汚れていませんでした。

 

アップにしても耐えられる範囲で(笑)。

でもせっかく外したので、こちらも細かいホコリを一掃。

 

内部にホコリがたまると排熱がうまくいかなくなるので、ガンガンファンが回っちゃうようなPCは効果があるかと思います。

ウチは特に動作的には変らなかったようですが、特に13インチは買ってからもうすぐ6年になろうとしていたので、一度開けて確認しておきたかったのです。

とは言えエアダスターをかけると、どちらも結構ホコリが舞いましたので、やっといて良かったです。これから暖かくなるにつれて、少なくとも熱暴走対策にはなります。

3〜4年経ったPCは一度やってみても良いかもしれません。

Macbookの場合、まず専用の星型ドライバーが必要ですが、あればカンタンです。

ただし慎重に。

 

Appleの保証について

分解して壊してしまうと、基本的に保証対象外となりますからご注意ください。オフィシャルでもハッキリ書いてあります↓

過失、事故、不正改造による損傷は保証対象外です。
- Macの修理サービス|Apple

 

このAir、いつまでスタメン投入で戦えるのか、限界まで使ってやろうと思っています。

でもあれですね、

こんなに満足度の高いPCは、人類史上今まで他になかった。

とだけは言っておきます(「人類史上」は超個人的主観)。

2012年から今まで全くストレスがないので、あと5年くらいは行けちゃうんじゃないか、というのはさすがに期待しすぎだろうか。

それよりも現行の「USB」がなくなっちゃうのが先かな?

今や、Macbook Proが1.3kgまで軽くなったので、次回買うのは多分Proでしょう。Airは残念ながら、世の流れにつれてあと1〜2年で消えてしまうと思います。

知ったこっちゃないですけどね(笑)。

良いものは良いので。

 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

Apple diary MacBook