Works

ノマドワーキング&カバンの中身公開

煮詰まったときやこもり気味になったときは、あえて外で仕事をします。

以前は、まんが喫茶なんかも使ったことがありますが、考えてみるとあそこは非効率でした。というのは、個室なので緊張感と刺激がないんですね。

純粋に作業を行うには個室の方がはかどりますが、何かアイデアを探したいときは、オープンカフェとか、逆に落ち着けない場所の方が良かったりします。「人に見られている」という緊張感が大事です。

ノマド(nomad)は、英語で「遊牧民」の意味。近年、IT機器を駆使してオフィスだけでなく様々な場所で仕事をする新しいワークスタイルを指す言葉として定着した。このような働き方をノマドワーキング、こうした働き方をする人をノマドワーカーなどと呼ぶ。
コトバンク.jp

 

いつも外出するときにカバンに入れているもの公開

(ケーブルとUSB類は全部左下の小物入れに。カメラがかさばるのがわかる。でもこう見るとそんなに多くないな…)

・Macbook Air
基本、国内は13インチ、海外(韓国)は11インチで使い分け。どっちもソフト(アプリ)以外何も入れてないので、どっちを持ち出しても中身は一緒。外で作ったデータは全てクラウドに保存。

・iPad(Air or mini)
以前のiPadは重くて持ち出すのが大変でしたが、Airになって身軽になった。

・Nexus7 LTE
IIjmioでdocomo回線ビンビン。主に電車内用とテザリング用。

・iPhone5
ライフラインです。

・1テラバイトのポケットHDD
大学の卒業制作から、昔のMacで作った今じゃそのままでは開かないものも含めて、僕が今までPCで作った何から何まで全てがここに入っています。メインのiMacデータも常にTimeMachineで同期してるので、なんでも取り出せる小さな箱。本当は「どこでもMyMac」があるので持ち出しの必要はないんだけど、回線状況で引き出すのにえらく時間がかかる場合が多いので、やっぱりHDDを携帯。

・デジカメ
LUMIX GF5 ミラーレス。余裕があれば望遠レンズも。

・ケーブル類
ライトニングとNEXUS7用のminiUSB。遠出ならMacbookAirのアダプタも。加えてホテル宿泊ならUSB有線LANとUSBハブも。

・iPod nano(6th)
動画編集が入るとイヤホンを使うことがある。nanoは、小さくてクリップがある6thがやっぱり一番良い。

あとは財布とか名刺入れとか。

以上結構重いです。
カバンがそれなりにパンパンになるので、良いカバンを探しています。原因はカメラで、ミラーレスにして場所を取るようになっちゃったので、実はもう1年以上探している(ゆるめに(笑))。絞られた候補は下の「アーバンディスガイズ40」↓

サイズが40、50、60、70とあり、一番小さい40を希望なのだけど、これにMacbookAir13は入るのか?結構検索したんですが情報は見つけられませんでした(50なら確実なんだけど)。

 

Works