Apple

    Macbook Airの12インチRetinaが出る、かも。

    001

    しかしウォン高傾向にあっても相変わらず高いですねお隣は。

    GIZMODE情報です。
    - 今年は薄型Retinaの12インチMacBook Airがやってきそう

    まず「Macbook Air」はですね、個人的にはもうこれ以上のノートPCは存在しない、と言っちゃっても良いくらいの代物です。持ち歩くにはこれ以外は考えられません。

    まずは軽さ。11インチ1.08キロ、13インチ1.35キロ。次に薄さ。そして長時間駆動。さらに「極速」。僕が望むものは全て満たされています。

    この「極速」なのが、ウチにいてもちょっとしたことはMacbook Airで対応するという頻度が増されます。iMacを立ち上げるのに1〜2分待つなら、Airでその1〜2分以内に作業を終えてしまうこともある。スピードはこれほど大事。

     

    003

    11インチと13インチのどちらを買うか、悩みに悩んで結局両方買ってしまったわけですが、何しろ荷物を減らしたいときは11、それなりな作業見込みがある場合は13と、それぞれを使い分けています。どちらも必要になりました。

    また、SSDで容量が少ないことも逆に功を奏し、データは全てクラウドまたはHDDで管理。このことで、11と13の中身は全く同じに保てるという利点も生まれました。

    と、べた褒めのAirですが、この度12インチが発売になるかも?というニュースです。しかもRetinaだという。Retinaはですね、Macbook Proのを見た時に確かに感動しました。究極にキレイでした(下はその時の記事)。

    - Retina » まなぶろぐ(2012.06.28)

    しかし同時に、今度は逆に他のPCが全部汚くも見えてきて、これは危ない危ないと思ってあえて敬遠した。

    ただ二年前に書いた上の記事には、「きっと次期Airにも載せてくる予感。そうすれば、究極来たる。」とも書いた。そう、もしも「MacBook Air with Retina」が出たとしたら究極ですよホントに。

     

    問題は大きさだ。

    11と13だけでも決められなかったのに、12が出ちゃうんですか?(笑)。いやいや、ものはプラスに考えましょう。12が出るということは、11と13がいらなくなる(売っちゃえる)とも取れますね。そうすればより身軽になるんじゃないでしょうか。

    まぁ、「出れば」の話ですが(笑)。

     

    廉価版iMacは正直どうだろう?

    同時に廉価版iMacのことも触れていましたね。

    これはiPhone5Cの時も書きましたが、バリエーションを増やして「ユーザーに選択させる機会」を増やしてしまうと、ブランド価値が下がってしまいます。Appleには常に風上にいてもらいたので、オンリーワンだけ作ってもらいたいのが本音ですね。ユーザーは、黙ってそれを買うんです。

     

    にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

    Apple