Apps Google LINE

    GoogleハングアウトがLINEを大きく上回っていた件。

    スプラフレンズのグループチャットで、このたび外国人プレイヤーが提案したのがGoogleハングアウト。WhatsAppじゃなくてこっちだった。

    いやーしかしスタンプがアメリカン(笑)。

     

    スポンサーリンク

    そういえば昔ブログにも書きましたが、正直ハングアウトはもう3年近く一切使ってなかったわけであり。

    - [関連記事] 楽天電話をやめられるか?激安通話のGoogleハングアウトがスタート。(2014.09.13)|まなぶろぐ。

    ハングアウトって何?という方は、早い話がLINEと同じメッセンジャーアプリ。グループチャットや電話もできる。そしてまずGoogleが運営するこの時点でLINEを大きく上回る。なぜか?

     

    アカウント問題

    LINEの仕様では、スマホは1端末まで。加えてiPadなどのタブレットアプリで1端末、PCアプリで1端末(多くのPCを使う場合いちいちログインしなければならない)で、ざっくり最大3端末までとなる。

    とにかく大変なんだ、今も昔も(笑)↓
    - [関連記事] 2つ目のLINEアカウントを取ってみた。(2014.02.13)|まなぶろぐ。

    一方ハングアウトは、Googleアカウント(Gmail)を持っている人なら誰でも始められ、アプリを用意しなくてもブラウザ上でも始められちゃうわけである。すべてはGmailが仕切っているので、端末制限などない。

    Googleアカウントは、Androidユーザーは全員持っているし、iOSユーザーでもほとんどの人が持っているはず。Googleのサービスは端末問わず多くの人が使っているはずだし、Youtubeを快適に見るのにも必須ですから。要するに、登録うんぬんをすっ飛ばして、誰でも今からすぐにできる状態なわけである。

    余談ですが、Apple IDはAppleユーザーしか持ってないわけであり、この時点でiMessageやFacetimeが世界のスタンダードにならないのかが納得できます。

     

    image via nipponomia.com

    Apple(iPhone)は世界シェア15.3%。65%がiPhoneを持っている日本人からしたら想像もできないだろうが、世界ではiPhoneは高級品であり、誰でも買うことができないのだ。

    「最近Samsungも高くね?」と思うかもしれないが、高く思うのは、日本をはじめ比較的お金がある国へはSシリーズやNoteのようなフラッグシップ機しか輸出していなく、日本人はそれしか見ていないから。

    世界には見たこともない激安Samsung機が大量に流れています。それでSamsungシェア1位を取ることができているんですね。

    - [関連記事] Samsung、今年は57種類のスマホを発表していた!?知らない機種がいっぱい。(2014.11.20)|まなぶろぐ。

    あ、大幅に話が逸れました(笑)。

     

    電話

    ハングアウトには、LINEと同様に電話機能もあります。

    LINE電話はLINEのフレンド宛にしかかけられませんが、ハングアウトには上の画像のようにダイヤルパッドが用意されています。ということはその通りで、いわゆる外線電話ができるわけです。

    そこで気になるのが通話品質と料金。

    品質は(まだ試してませんが)iOSのFaceTime Audio並とのことで、この時点でLINEを上回ります。

     

    そして料金。携帯電話宛てが1分9セント、固定電話宛が1分3セントなので、今のレートだと1分間10円ちょっとくらい。Skypeのように事前に通話用クレジットを購入します。

     

    こちらはSkype。料金の管理は恐らくこれと似た感じでしょう。

    SKYPE通話は、携帯電話宛てが1分8.2セント、固定電話宛が1分2.7セントで少し安めですが、1回につき接続料金3.6セント必要となります。長時間の通話であればSkypeのほうが若干安くなるようです。

    そして「番号通知」はどうでしょう?

    Skypeはほとんどの国ですでに番号通知が可能となっていますが、今も「中国、香港、日本、メキシコ」のみ利用できません。

    しかしなんとハングアウトはできるようです!

    Google ハングアウトで”発信者番号通知”機能を試してみた

    ということはもう乗り換えるべきですね。あ、LINEじゃなくてSkypeからハングアウトにね。

     

    で、早速発信番号通知を設定しようとしたところ、どうやらiPhone(iOS)では設定できないらしく、Android機からSMS受信が必要とのこと。

    しかしウチのAndroidはWiFi機のため番号を持っていません。そこで「AndroidからiPhoneへ」SMSを飛ばしたのですが、SMSを受信してコードは入れられるものの、結局iPhoneの「発信者番号通知」をオンにすることができず。Androidの電話番号を使って、Android側で全ての設定完了が必要みたいですね。メインがiPhoneな人はダメポでした。

    最後は結局電話の話になっちゃいましたが、まとめると、Googleアカウントを使えるハングアウトはとっても気軽で、アンドロイドには購入時にバンドルされているアプリのに、なぜこれが普及しないのか。

    そしてLINEユーザーが多い日本は、早くも世界から孤立化に向かっているんじゃね?というお話でした。

    - [関連記事] クラウドAI、もし日本がLINEで染まるとどうなる?(2017.06.21)|まなぶろぐ。

     

    にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

    Apps Google LINE