Air news

    北朝鮮のミサイルは飛行機に影響しないのか?日本の上空をミサイルが4発通過するらしい。

    「全機に告ぐ、ミサイルに警戒!」

    もしも突然発射されたら、コックピットでこんな警告が鳴り響くのだろうか。

    もう、マンガですよ。

     

    スポンサーリンク

    ミサイルって、、、あのゲッターロボの背中についてたやつだろ?(;´Д`)

    image via sofvi.tokyo

    北朝鮮 ミサイル発射計画「日本の上空通過 グアム島周辺海上に」 | NHKニュース

    そして今回は、日本の島根、広島、愛媛、高知県上空を通過するかもしれないとのこと。空域的には大丈夫なのだろうか?

     

    とりあえず「空域」をググったら、出てきたのがパズドラだらけで萎えた。ビッグワードでこのヒット率はすごい。

    いや、今回そんなことはどうでもいい。飛行機は大丈夫なのか?

     

    実際に飛んでる飛行機はリアルタイムでこんな感じ(日本時間8/10 16:00現在)。日本の空は1日に4000便以上の飛行機が飛び交う。

    これを見ると、こんなもん、どこに撃っても当たるだろ!と思ってしまいますが、慌てないでください、実際飛行機はこんなに大きくありません。これが実寸だったらミサイル以前に飛行機同士が全部ぶつかってます(笑)。

     

    image via 世界の旅客機図鑑

    2014年に中国では、あわや撃墜!?という事件もあったようです。こちらは成田発の中国南方航空機。実際は「ミサイルが通過した7分後に、その10キロ下を航空機が横切った」というもので、少し誇張された感じもありましたが、決して穏やかではありません。

    -北朝鮮ロケット弾が中国旅客機とニアミス=「撃墜未遂だ!」「韓国が批判したいのは…」―中国版ツイッター

    北朝鮮的にも、万が一当てちゃったりしたらそれはもう逆に大惨事で、一瞬にして某大統領が言っていたように滅びるだけであり、是が非でもそこは避けてくるはずだとは思いますが。

    基本的には大丈夫とのことですが、絶対に当たらないとは言い切れないわけで。飛ばす以上0%ではありません。

    このため、最近良く見る「地政学リスク」で経済も混乱中。ダウ平均も下を向き、現在ほぼアメリカの血液となっているハイテク株も軟調。で、世界的にも信用度が高い通貨である「日本円」がバンバン買われて、超個人的には円高ヤッホーなんですが、理由が理由なので今回もそれどころじゃなかったりもします。

    リスクオフなら円を買え。しかしガチでやばくなったら円は売れ。

    とりあえず「買われている」ということは、ひとまずはもろもろの可能性は極めて薄いと見られている、でよろしいのかもしれません。

    - 北朝鮮緊迫、なぜ当事国通貨「円」が買われるのか:日本経済新聞

    そういえば、4月にもありましたね。ドル/円は109円前半まで下がりました。日本ではごく一部で、個人的に核シェルターを買う人が急増して、生産が間に合わなくて数ヶ月待ち状態になったとか。

     

    今も戦争中の国であるお隣韓国では、有事のときは地下鉄の駅や線路がシェルターになるように元々設計されています。やはりこの辺の意識は日本よりも高いようです(写真はソウル金浦空港の地下通路。2014.04.29撮影)。

    東京に比べて、ジオフロント状態で地下街が発達しているのは、この理由が大きいのかもしれません。ソウル駅のA'REX乗り場なんかは地下7階にあったりします。ここに着くと、地上に出るまでも一苦労。

     

    image via 4travel.jp

    日本でも各地で訓練をしているニュースを最近見ますが、地面に伏せたところで詰みゲーです(笑)。でも他にやることがありません。とにかく我々はもう迎撃精度に任せるしか道がないという現在。

    - ICBMはミサイル防衛システムで迎撃できない|ニューズウィーク日本版

    しかしそれほど追い込まれているのか、それとも単に引っ込みつかないだけないのか。いずれにしても「切り札」を所有してることから今まで誰も攻め込めず、今も実在している国なのは事実。

    この辺でやめておこう。そういうブログじゃないんだった。

     

    ちなみに、韓国の仁川国際空港に着陸する際は(特に北側から入る場合)、北朝鮮との国境付近から旋回しなければならず、パイロットが持つマニュアルには「ここを越えたら撃たれます!」としっかり書いてあるらしい。

    韓国に訪れる際は、こういうことも肝に銘じておきましょう。とはいえ、離着陸時にいちいちドキドキしてもしょうがないので、「知らぬが仏」という言葉もありますが。

     

    写真はその、仁川国際空港への北側から旋回してのアプローチ(2014.10.17撮影、アシアナ航空)。

    個人的には、この辺までくるともれなく泥酔中につき思考力が弱っているので(笑)、特にドキドキはしませんが、考えはします。

    「何らかの手違いで、もうちょい北に行ったら即死だな」、と。

    まぁ、でも考え過ぎです(笑)。

    現在世界GDPランキング11位(日本3位)、一人あたりのGDPは28位(日本22位)。経済的にも急成長している国です。こまごました部分は日本とは違いますが、治安も日本とほぼ変わらず、お互いにメディアだけの煽り合戦を無視できれば、総じて平和な国ですよ。

     

    ただ、北に行くほどどうしても朝鮮戦争の爪痕は残っています。

    写真は春川(チュンチョン)より北の、北朝鮮国境付近の양구(ヤング)軍事区域にて(2014.10.19撮影)。ここに行くにはパスポートと事前予約が必要。そして周辺は今も地雷だらけです。

     

    注意セヨ〜。

    - [関連記事] 韓国 Oct. 2014 その2:バニラエア国際線を利用してみた。成田-仁川線で週末KOREA。(2014.10.26)|まなぶろぐ。

     

    にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

    Air news