Apple diary iPhone

    iPhone Xを1日使って感じたこと。果たしてこれはアリだったのか?

    昨日のケース、本体を覆う黒い部分が安っぽくて気に入らないんだけど、そもそも安かったからまぁいいか。

    さて、超ざっくり言います。

    ホームボタンが消えて顔認証がついたiPhoneです。

    他の人に話すときはまずこんな説明になるんじゃないでしょうか。

     

    スポンサーリンク

    Super Retinaと言われる、今回iPhoneで初めての実装となった有機EL(OLED)画面は、正直感動するような驚きはありませんでした(有機ELは昼間の炎天下の下でも見やすいとされていますが、あくまでも室内仕様での感想です)。

     

    まずはホームボタンについて。

    しかしそれよりまず、スクリーンショットがえらいタテ長になりましたねぇ。真ん中上部は、本当はフロントカメラやセンサー類の黒い枠が出ていますが、実際には画像が存在しているようです。

    さて、今回、iPhoneの大きな特徴であった丸いボタンが取り払われて、その操作性も大きく変わりました。これがまずAppleが次の10年をスタートさせる一つ目の大きなモデルチェンジです。

    新しいことをはじめる時は、意見が割れるのが常です。でも新しいことを始めない限り前には進めません。ネット上でも賛否両論ありましたが、一日使ってみて…

    慣れました。

    当然最初は戸惑いましたが、それはものの数分。個人的には特に不自由を感じませんでした。オールOKです。

     

    それと同時に、今まで下からスワイプして表示させていた「コントロールセンター」は、右上からのスワイプになります(中央上からのスワイプは今まで通り通知類です)。これも別に、こういうもんだと思えばなんてことない。

    要は、ホームボタンがあるのとないのではどっちが良いか?ってことでしょう。当然、「なくなってスッキリしたー!」ということであれば大正解だったのでしょうが…

    どっちでもよい(笑)。

    というのが正直な感想でもありました。

    でもこのおかげで画面が広くなりましたからね。

     

    これがその違い。

    横幅は当然狭くなりましたが、問題はタテ幅。右のiPhone Xの方が一度に表示できる情報量が多くなっているのがわかります。若干ですけどね。

    そして中でも超絶便利だと感じたのは、右のiPhone X側には、下に黒いバー(線)があるのがおわかりでしょうか。

     

    このバーを右にスワイプすると、なんとアプリが入れ替わる!!

    なるほど、ホームボタンでホームに戻る必要性を減らしてきたわけだ。きっとこれは使いまくると思います。

     

    image via help.apple.com

    もう一つ便利だと思ったのは、ホームボタンがなくなると、立ち上げるときは「電源ボタンを押す」または「iPhoneを起こす」だけしかなくなると思っていましたが、画面をタッチするだけで立ち上がるようにもなっています。これもイイ!(設定>アクセシビリティからオフにすることも可)

     

    ということで、ホームボタンはないならないで、もう慣れましたし快適に使えます。

    それよりも強く願いたいのは、来年も「なし」で突き進んで欲しいということ。来年からはもう全て取っ払っちゃっても良いのではとも思っています。

    最悪なのは、「やっぱりアリで行きます」的な、今回のXが単なる「お祭りモデル」で終わっちゃうこと(笑)。

    それはないとは思いますが、「つけてくれー」という顧客の声に耳を傾けるようになったら、もうAppleは第一線から退く時だと思う。5CやSEの発売のときは、ちょっとそんな空気が漂った。

    - 素人の顧客の意見は聞くな: 永江一石(著)

    少なくとも私は、Appleが作るものは全てにおいて期待を込めて買っています。それはあの箱詰めにも現れています。Apple製品を買って、開けるときのあのワクワク感。ケーブル類もキッチリとキレイに巻かれ、iPhoneは、あの箱だけでも約600円をかけてると聞いたこともある。こんなこと他ではあまりないことです。

    第一線を走る企業だから、新しい提案(iPhone X)は期待しながら待ち、もし疑問があったとしても、基本的には四の五の言わず「逆にその都度自分のスタイルを変える努力をする」というように舵を切っています。それで今まで来ました。

    だからあれもこれもと顧客に選ばせるような商品展開をせずに、自信を持って作ったオンリーワンだけを売って欲しい。黙ってそれを買うだけだから。

    とりあえず一言Appleに言っておきます、

    もうこれで慣れたからな!(笑)。

     

    ↑そして早くもこんな「誰得」商品も作られているようです(笑)。本末転倒以前に、599ドル(笑)。

     

    次にFace IDについて。

    実は先週末から風邪をひいておりまして、現在寝る時はマスクを着用しています。

    あ、解除できねぇ。

    みなさま、マスク着用時は突破できないようですから注意してください(笑)。

    と、いきなり余談から入りましたが、これ、一言でいいます。

    もうスバラシイです。

    最高でした。今回このために12万払ったと言っても良いレベル。

    早くも、「双子」で「メガネ」をしていたら兄弟でも突破できちゃった事件もありましたが、今後はもっと改良されていくでしょうし、今回はこの部分に最も技術の進化を感じました。

    期待通り、iPhone Xにも「感動」はありました。

     

    今までパスコードの入力が必要だったDropboxや銀行アプリなども、勝手に自分の顔を読み取って次々と突破してゆく。顔は真正面じゃなくてもOK。気持ち良いです。

    ということで、私の中ではやはり、

    ホームボタンが消えて顔認証がついたiPhoneでした。

    しかしこの2つ(特にFace ID)は想像以上に良かった。ということが今日1日使った感想です。

    ただ、上記の通り旧機種と比べてかなり勝手が変わっております。旧機種と「2台持ち」する場合はその都度戸惑うかもしれません。

    その他こまごまとした点はまた今度。

    え?ワイヤレス充電と、iMessageの新機能の話?私の場合それはどうでも良いです(笑)。

    以上、Apple PC歴25年、自称ロイヤルカスタマー、iPhoneは8台目(4s、5、5s、5c、6、6s Plus、7 Plus、X)、Appleの株主、そして来年はクパチーノに訪れる予定の私からの戯言でした。

     

    ↓こないだ送料込み98円で買ったんだけど、発売開始で需要が増えたんでしょうか。値上がりしてました。ガラスフィルムはいつも100円しないものを使っています(笑)。

    にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

    Apple diary iPhone