news

Googleが開発したOS「Chrome OS」が4月に日本に上陸するかも。ブラウザシェアで見る浸透予測。

001

Googleの勢いが止まらない。
写真は、今年2月に北米で開始されている東芝製のクロームブック。Chrome OSは思いのほか調子が良いようだ。

 

002

現在のOS勢力図。
これはうなずけますね。AppleはいわばMacOSの「独占企業」であり、そもそも出荷台数が少ないわけです。Windowsは「その他全てのメーカー」ということになりますから、Winのシェアが高いのは当然です。「Chrome OS」はこれをどう変えてくるでしょうか。

OSはあくまでもオペレーションシステムであり、対応ソフトがあってなんぼという部分が大きいので、すぐに浸透するとは思いませんが、長いスパンで見るとどうなっていくか楽しみです。

日本はいまだにガラパゴスから抜けきっておらず、ものすごくスロースターターでもあるという特性を持っていますから、浸透するのは世界でも後の方になることも予想されますね。

 

003

この特性は、この「現在の日本のブラウザシェア」のグラフでよく見て取れます。2009年に入ったあたりからじわじわと使われるようになってきたのがGoogle Chrome。このグラフでは緑色の線です。

青のInternet Explorer(IE)と、オレンジのFire Foxの使用率は近年ではどんどん下がり、現在では、Google Chromeが約30%に伸ばしてきています。それもじわじわと。このじわじわ感が日本の特徴。

 

004

こちらは、現在の世界のシェア。もうGoogle Chromeがダントツでトップになっているのをご存知でしたでしょうか。日本もゆっくりとこれと同じ道を辿るのではないかと予想されますね。

この画像からすると、いまだにIE率が高いのは、日・韓・中、それからアフリカの一部、それからなぜかグリーンランド、だけ、ということになります(比較的ITリテラシーの高い韓国が、いまだにIEのシェアが高いのは驚きました)。

ちなみに、このブログに訪問していただいた方の割合はどうかといいますと…(過去1週間のデータ・訪問者(ユニークユーザー数)3,471名中)
■Safari:41.7%
■Chrome:24.0%
■IE:20.5%
■FireFox:9.3%
その他、となっています。Safariダントツって、今の日本のシェアを無視してどれだけAppleユーザー多いんだ?ということがわかります(笑)。まぁiPhoneのシェアが50%超えてますからね、日本は。

 - [GIZMODE] 日本はiPhone爆売れ。アップル、10月の国内スマホ販売数で76%のシェアを獲得

 

005

ちなみにこちらは2008年のデータ。数年前までは世界はIE一色でした。

- [参考] 世界ブラウザシェア1位はChrome!日本のブラウザシェア率は?[Code部]

長々と話が脱線しましたが、Chrome OSも似たような道を辿るのではないかと思われます。もっとも全ては使用用途ですから、動くアプリが良くなければ浸透しませんでしょうし、逆にキラーアプリが現れたら急速にシェアを伸ばしてくると思います。また、安いというのが今回大きな加速装置になるかもしれません(東芝製のクロームブックは海外だと280ドル(約2万8800円))。

Chrome OS、要チェックです。

・CPUはHaswell世代のCeleron
・13.3インチHDディスプレイ
・重量3.3ポンド(約1.5kg)
・薄さ1インチ以下(約2.54cm)
・2GBのRAM、16GBのSSD、100GBのGoogle Drive
・バッテリーの連続使用時間は9時間
・USB3.0とHDMI出力

- [GIZMODE] ChromeOSが来るぞーッ!東芝のChromebook、4月から国内開始の噂。

 

news