diary Investment news

上がり続けるオリエンタルランド株。本日開園34年で入園客7億人を突破。

先日似たようなのを書いたのはいつだったか。

- [関連記事] 夢の株、オリエンタルランドの続伸が止まらない。この気流に乗るか?待つか?(2017.05.17)|まなぶろぐ。

↑ついこの間である。

 

スポンサーリンク

このときはオリエンタルランド株が覚醒し、7,000円を突破したときのものですが、あれからわずか2ヶ月、本日8,000円を突破しました(終値は7,994円)。いずれにしても年初来高値。

今日の日経平均終値は-34円の19,925.18円、TOPIXも-2.61ポイント。決して好相場だったわけじゃないでしょう。

でも夢の国には関係ない。

 

7月28日の決算発表は予想を上回る業績で、そのまま週末を迎えました。そして週が開けた本日また覚醒。

 

- image via quadelements.com

 

- 28%増の好決算。オリエンタルランド株、視界良好。|夢の株|オリエンタルランド好きのブログ

また本日、TDRが開園して34年目にして、TDSと合わせた入園客が7億人を突破したというニュースが入ってきました。

 

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの累計入園者数が2017年7月31日10時25分、7億人を突破した。運営会社のオリエンタルランドが発表した。1983年4月15日にディズニーランドが開園してから34年108日目での達成となった。6億人目を達成したのは14年4月12日で、1億人ごとの達成ペースは、今回の3年111日が開園以来最速。

東京ディズニーランド&シー、入園者数が7億人突破

 

5月の日本経済新聞に連載された「私の履歴書」は、オリエンタルランド会長の加賀見さんでした。

毎日楽しみに読んで、今も全記事Evernoteにクリップしてあります↑。この中の記事によると、開園一年目の目標入園者数は1000万人だったとのこと。

ディズニーランドは1983年4月15日に開園し、そろそろ一年が経とうとしていた1984年の4月2日、「1千万人目のゲストが来てくださり、緊張が緩み、どっと疲れが押し寄せてきた」。と記されてます。

-(私の履歴書)加賀見俊夫(13)目標1千万人 「いける」と「無理」交錯 中傷よそに達成 どっと疲れ:日本経済新聞

 

以下入園者数の推移(画像はタテに長いです(汗))

- 入園者数データ | 東京ディズニーリゾートについて | 株式会社オリエンタルランド

年間入場者数は34年で3倍。もちろんTDSができてキャパがほぼ倍になったのもありますが、そりゃ株価も上がり続けるはずです。というか、どんな手を施してもいつも混んでるはずです(笑)。

でも上の表を見ればそりゃ納得。TDSができた2001年に比べて、今はその約1.4〜1.5倍のゲストが来園してるんですから。

入場料の値上げで、ここのところ「入場者数」は軟調にあるようですが、客単価は上昇。この辺も全て織り込み済みのようです↓

 

中期経営計画に注目
こう見てくると、オリエンタルランドの株価が上がる材料は見つけにくいが、実際の株価が上向きなのはなぜか。投資家が期待しているのは、開業から30年以上たってもなお将来の成長性が見込める点。足元で入場者数などが足踏みするのは織り込み済みということのようだ。

入場者が減少した東京ディズニーリゾート なぜ株価は上昇する?

 

初めて私が株を買うとき、とある社長さんに相談したことがあります。

私:「まずはオリエンタルランドを買おうと思ってるんですが…」

社長:「あ〜今すぐ買ってください!!オリエンタルランドは一人勝ちでしょ!?年初に年間パスポートが10万枚くらい売れるんでしょう?あんなビジネスモデルどこでも実現しないですよ。」

素晴らしいアドバイスを感謝。今となっては、早くから目をつけておいて良かったなと思っています。とはいえ、株価なんて上がれば下がるようにできてるので今良くても今後は全くわかりませんけどね。

ただ上がろうが下がろうが、配当とパスポートは年二回、しっかりいただいたています。それでいいんです。

 

 

今はUSJの上場待ちです。

 

ところで、今Kindleストアで「竹書房の日」のセールがやっています。7,500冊が半額(8/2まで)。

↓気になってた本が半額だったのでラッキー(Unlimited契約者は無料。私はしていないんで買いました)。

 

diary Investment news