diary

何かを変えれば実現できる。2019の目標を5つ挙げてみた。

新年もすでに10日目となってしまいました。

遅れましたが、今年の目標5つ!

 

スポンサーリンク

①FP2級に合格する
実現度90%

去年3級に合格した直後から勉強を初めて、すでに3ヶ月が経過。参考書の進度は現在ほぼ半分。

受験は9月を予定していますので、それまでにあと約100時間を捻出できるかどうかです。まあ大丈夫じゃないかと。

 

②インスタグラムのフォロワーさんを2000人にする
実現度20%

1000人にするまで一年半かかっていて、達成してからの今までの半年間はプラス180程度。要するに現在1180人です。

手を替え品を替えいろいろ実験してきましたが、今までの方法のままですと、数字的に今年は1500人が精一杯でしょう。

じゃなんで2000とか言ってるんだと言われますが、2000にする方法があるかを常に模索したいという志のアピールです(笑)。

ツイッターでもYoutubeでもなんでもそうですが、有名人でもない限り、フォロワーさんは

 

増やそうという努力がないと永遠に増えない

 

ということです。

 

③クパチーノ市のアップルパークに行く
実現度10%?

去年行く予定だったところです。結局行けませんでした。

実はもう一つ、ルーブル美術館に行くという野望もあって、「面倒くさいので一発で地球を一周して全部まわっちゃおう」と考えていたところ、スケジュールが壮大過ぎてポシャりました。

クパチーノには近くにGoogleもあるので、大義名分としては「シリコンバレー巡り」のほうが優先度は高いです。ただ、昼と夜がひっくり返ると仕事に大きな影響が出そうなので、これもネックとなりました。

とはいえ、こういうのは勢いもありますので、行くと決まれば早いのです。

 

④体重を60キロ台にする
実現度20%

一日一食民になってからすでに一年半が過ぎました。一日一食はかなりオススメです。

で、この一年半で落ちた体重は5キロ。ただ、その5キロは最初の1〜2ヶ月で落ちたもので、その後1年以上は73キロを維持しています。

要するに、何もしなければ来年も多分73キロということです(笑)。

自分的一日一食のルールは、「朝昼を食べずに、夜はなに食ってもいい」というもの。

「なに食ってもいい」という心理的なゆとりがあるからか、今まで特に苦労もなく続けておりますが(続けるというか身体がもうそうなっちゃっている)、もう少し何か別のルールを敷いても良いかなと思い始めています。

 

⑤米国投資資産額を◯◯%アップさせる
実現度50%

数字までは書けませんが、これからも日本の投資人口は間違いなく右肩上がりで増えていくでしょう。増えればそれだけ資産が集まり、価値が上がっていきます。何事も、早く動いたものだけが勝つのです。

みんなが動いた後になると、昨年のビットコインのように「靴磨きの少年」状態になります。

要するに、テレビや新聞で得た情報では、時すでに遅し、飲み会のネタくらいにしかなりません。

裏を返せば、「テレビ新聞以外で情報を仕入れろ」ということでございます。

実現度50%というのは、未来は誰にもわからないのも含まれます。ただ、昨年の暴落はチャンスですので、年初の円高もあって資産額は優先的に米国に振っていきたいですね。万が一さらに今年も下落したら、来年はさらなるチャンスです。

私は未来よりも、米国100年の歴史を信じます。

 

以上、できたかできなかったかはまた来年。

ということで、今年も頑張ってまいりましょう。

 

↓関連記事です。

一日一食(モドキ)を一ヶ月やってみたら何が変わったのか?

Instagram(インスタグラム)のアクティブユーザー数がtwitterを遥かに上回っていたことに驚きを隠せない。

FP3級に合格しました。合否より、学習リズムを組み立てることが大人として必要な仕事。

 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

diary