diary iPhone Movie

ノリノリの楽天アンリミットにMNP契約。iPhone 12 Proで使う場合の注意点。

久しぶりのSIMネタです。

私の携帯電話契約履歴は以下。

①1996年4月〜2014年10月までau(90年代はauがまだ存在していなく、TU-KAセルラー。後にauの親会社KDDIがこれを買収)。

②2014年11月〜現在はBIC-SIM(IIJ mio)。

さて、通信会社に口うるさい総理大臣に代わったことも大きく影響し、年末の通信関連銘柄は揺れに揺れました。そしてまた各社の値下げ競争が加熱。

しかし私はスマホは2014年から月1,600円(税別)で運用していますので、2,000円に下がったとか言われても全く興味がありません。

ちなみに、2014年からBIC-SIMを6年4ヶ月(76ヶ月)使ってお得になった額は、通常の携帯代を毎月5,000円とすると以下のようになりました(双方とも税金は考えないで計算)。

auだったら:5,000円×76ヶ月=380,000円
BIC-SIM:1,600円×76ヶ月=121,600円

その差、258,400円。

ざっと新品のiPhone 2台分ですね。結構な差が出てました。

いや、否!

6年で25万円ということは、そこには時間という複利が掛け合わさっているのを忘れてはいけません。実質30万円以上の得にはなっているでしょう。S&P 500で計算すると、積み立てでも6年で+65〜75%増えていますので、この25万円は現在の価値に換算すると40万円は超えるんですね。

携帯会社のサブスクは恐ろしい。

話を戻しますと、上に書いたとおり各社が続々出してくる新プランなど全く聞く耳持たずだったわけですが、ただ一つだけ、今回これだけには度肝を抜かれました。

ノリノリの第4のキャリア、楽天が出した「楽天アンリミット」です。

気分的には、2年前のペイペイみたいな盛り上がり度(笑)↓

PayPayでMacBook AirとApple Watch 4を購入。25万円使うまで帰れまテン。

アンリミット自体は以前からあったのですが、今回やってしまったのは携帯料金「月ゼロ円」ですよ。

ゼロ円って、そんなの絶対裏があるんでしょう?とお思いのそこのアナタ!!

 

そんなの当たり前じゃん!(笑)。

 

広告なんてみんな裏だらけです。だから自分で調べて自分のものさしと比較して自分で答えを出すのです。今回は、それを全部知った上で度肝を抜かれたというわけです。

説明しよう。

 

って、もうこのまんまなんですが(ちなみにこれは「2年目」からであって、1年間は全部ゼロ円です)。

で、2年目以降も月1GB以下ならゼロ円ってこと。

自分の場合、月1GBじゃさすがに苦しいですが、3GBは絶対使いません。だからだいたい「毎月980円」ってことになって、これでも安い。

私はこの「2年目」以降の料金を見て度肝を抜かれたわけです。キャッチーな「1年目は全部ゼロ円」なんてオマケ。そういう考え方です。

サブスクビジネスというのは、とにかく「黙ってずっとお金を払い続けてくれる顧客」が欲しいのであって、1年サービスしようと囲い込めれば向こうは一緒。「◯ヶ月無料」なんていうのはどこでもよく見ますけど、この辺はしっかり見抜いて判断したいところですね。

だから、いくらタダでも2年目が月2,000円とかだったら、私は動かなかったです。

で、実はこれでもまだまだ。もう一つの度肝は、通話料金が全額無料。

 

これでもう決まりましたね。

楽天の専用アプリを通してかけるという条件がつきますが、、、

そんなの今もそうなので、日常です(笑)。

で、今まで通話料はアプリを通してだいたい月500円くらいでしたが、これも全て無料になるというのはデカイ。

もう、乗り換えない理由が見つかりませんでした。

携帯会社を変えるというのはちょっと面倒で勇気がいることかも知れませんが、それもこれも全部携帯会社の術中通り。向こうは一度囲い込んで逃さないのが目的ですからね。

魅力を感じたら早いうちに乗り換えちゃったもん勝ちですよ。何よりスキルも磨かれますし。

このキャンペーン、300万人限定で現在250万人は超えたそうです。また、違約金みたいなのがないのも嬉しいですね。

お約束のキャッシュバック系も充実しており、申込みで5,000円分、スマホと一緒に買うと最大25,000円分のポイントもつくそうです。

ということは、25,000円以内のスマホを一緒に買えば、スマホと1年間の利用料、通話料も込みで全部ゼロ円ということにもなります。

いやはや凄まじい投げ売りですね。これが、ザ・楽天経済圏。

私はアンドロイドはいらないので、大人しく5,000円だけもらっときます。

- Rakuten UN-LIMIT Vお申し込みキャンペーン 最大25,000円相当分をポイント還元 | 楽天モバイル

 

iPhone利用時の注意(?)

楽天ではiPhoneを扱っていないため、今のところ基本的には自己責任となっています。

が、使用レビューはいくらでもありますから、情報はそこら中に落ちており、使っている人がいっぱいいるんだから使えるだろうと。

一言でいうと、「使えます」。

しかし以下の4点は現在のところできないので対応が必要なようです。

①初回APNの自動設定
②接続回線の自動切替(←これは厳しい?!)
③地震速報・津波警報などの受信
④110/119通話での高精度な位置情報測位

①はできないというレベルのものではないですね。最初に手動設定すればいいだけ。てか逆にAPNって手動設定じゃないの?以上。
②実はこれが一番痛恨。下で説明します。
③は逆にないほうが良い。常にTwitter見ろ。以上。
④もいらない。

ということで個人的には②のみですね。

この②については、現在楽天はまだ「エリア拡大中(今年の夏までに97%を網羅)」のため、電波が入りにくい場所では「au回線」を用いるようです。

要するに、これの自動切り替えが効かないということ。

ということは、楽天が届かなくなると一時的に「圏外」となってしまい、手動でauに繋ぎ直さなければならない(?)。

【追記】
楽天→auはiPhoneでも自動で切り替わるようで、圏外になることはないようですね。

また、圏外となるならまだ良いが「auから楽天に戻す場合」が厄介。というのは、au回線はほぼ全国を網羅しているわけであり、一回auに繋いじゃうと、首都圏に戻ってもずっとauに繋がったまんまになってしまう(ずっとauならauのままでもいいんだけど、料金体系が変わってしまう)。

 

ちなみに現在のエリアはこんな感じ。薄いピンクがパートナー回線エリア(au)で、楽天エリアはまだまだ決して広いとは言えません。

とはいえこれが契約しない理由にはならないので、上記全てをわかった上で、3月から楽天に切り替えます。

今まで見向きもしなかった楽天ですが、攻める企業には投資したくなりますね。

以上、そんなことでさっき申し込みを進めていたら、MNP番号が必要らしく(←てか当たり前だw)、慌ててBIC-SIMにMNP発行を申請しました(←今ここ)。頼む、2月中に間に合ってくれ🙏

6年4ヶ月の間、なんの不満もなく、さらに大幅な節約をしてくれたBIC-SIM、ありがとう!

 

こんなアンヌプリの秘境でも、普通に仕事をさせてくれたキミは本当にすばらしかった。

 

↓関連記事です。

本日、とうとう18年8ヶ月の携帯契約をやめました。MNPでBIC SIMへ。時代が変わりました。

auからBIC SIMへMNPして数日経過。何が変わったのか?

auからBIC SIMへMNPして一ヶ月経過。何が変わったのか?

 

↓今は2万円も出せばそれなりのスマホって全然買えちゃうんですよね。

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

diary iPhone Movie