Air diary

飛行機が欠航したときに真っ先にすべきことは?何事も得をするのは最初の2割。

滑走路に向かうJAL機。しかしこれで飛べるとか人類優秀過ぎる。

さて、欠航時は突然予定が大きく狂って慌てがちですが、飛ばないものはしょうがありません。どう楽しむかを考えたほうがうまく立ち回れると思いますよ。

欠航が心配される際は、欠航時の対応を事前に調べ、誰よりも先に動けるよう情報をまとめておきましょう。

何事も、得をするのは最初の2割です。

 

欠航時に真っ先にすべきこと3点

①振り替え便の確保
②ホテルの確保(振り替え便が翌日以降になる場合)
③空港脱出経路の確認(悪天候の場合)

状況によって優先順位が変わりますが、悪天候で空港脱出が懸念される場合は、脱出しながら振り替え便〜ホテル確保になります。

 

カウンターに並ぶとかは最もやってはいけないこと。

 

時間は秒単位での勝負。パニックになりがちですがとにかく落ち着きましょう。がっかりしている寸暇をも惜しんで1秒でも早くBプランを作れたもん勝ちとなってきます。

欠航時はどうしてか空港のカウンターに並ぶ人が多いですが、パニック時に並ぶのは最も効率が悪い手段じゃないでしょうか。WEBが生きている場合、自分でWEB手配に動く方がカウンターに1番にたどり着く人よりも早いのです。

航空会社や欠航理由によってはホテル代や交通費が出ることもありますが(LCCはまずないけど)、そんなものこそ一番最後、はたまた翌日でも良い。

私も欠航経験は過去数回ありますが、カウンターに並んだことは一度もありません。ましてや今は当然電話も繋がらず、チャットも当てにならないので(後述)、自力でなんとかするのが一番の得策です。

スマホ率が90%を超え、発表直後の電話が繋がりにくい現在で最も有効な手段は、WEBでの自力再手配の一択かと思います。ホテルもWEBです。殺到してサーバーが重くなる前に動きたいですね。

と言っても、欠航で慌てるのは多く見積もっても瞬間風速で数百人でしょう。数百人程度のアクセスではまずサーバーへの影響はありません。

以下、直近で3つの「現場欠航」の経験談です↓

 

経験談① 2015/3/10 JETSTAR便

空港に着くと窓の外はすでにこんな状態。欠航時に備えて振替手順をシミュレーションして確認。

そしてチェックイン前に欠航のお知らせがスマホに来ました。当時届いたメールはこれ↓

2015年の日本のスマホ率は48%。これが瞬時に読めたアドバンテージはとにかく大きかったです。メールをもらってから即電話で繋がった時代。

欠航理由が悪天候で、予報によると天気の回復は見込めなかったため、すでに当日の便は諦め、チェックイン前だったので空港脱出を優先してJR改札へ向かって歩きながらの通話です。特に問題なく翌日の便に振り替えでき、電車もパニックになる前にスムーズに空港脱出。事前のシミュレーションが効きました。

 

経験談② 2016/4/22 JETSTAR便

またもJETSTAR。こちらは搭乗直前になっての機材トラブルによる突然の欠航アナウンス。これから乗ろうというまさにこの直後に欠航が決まりました。

これには多少慌てるも、1年前の欠航メールが役立ち、搭乗口での欠航連絡だったため今度はメールを受信する前に動けました。すぐに前回のメールを確認して電話。ちなみに2016年のスマホ率は59%。まだまだ先手が打ちやすかった時代。

最初は皆と一緒にぞろぞろと空港カウンターに向かわされるも、歩きながらの通話で次の1時間後の便を確保できたので、私だけ途中で隊列を離脱して再度搭乗ゲートへ行けました。

 

電話口で言われたのは次の便の最後の1席だったらしく、窓側の座席指定は無効になってしまうとのこと。もちろん承諾。

これが取れたのは嬉しかったですね。まさにカウンターに並ぶ1番の人にも勝った瞬間。

 

経験談③ 2024/1/16 PEACH便

一昨日です(笑)。

こんな中でも滑走路に向かうANA機に驚きながら、でもこれはアカンやつだと思い、一応WEB振替の手順や電話番号、チャット連絡方法などの欠航時にやることを事前に確認。

とは言えこんな中でもほとんどが普通に離着陸しているし、午後からは雪は止むとの予報でしたのでこの時はさほど慌ててはいませんでした。1月の雪はサラサラなので滑走路自体が除雪できれば吹雪でも行ける感じ。

さすが、雪慣れしている北海道は違います。

 

でも割り箸がこんな折れ方をしたので嫌な予感はしましたが(笑)。

その予感が当たり、天気予報ガン無視で雪は強さを増してしまいました。雪国の予報は結構ハズレますね。

津軽海峡付近では、新千歳に着陸できない飛行機たちがローリング族化してるのも確認。これは気の毒すぎる↓

 

画像のJJA1902(チェジュ航空)は1時間位ぐるぐるしてました。

 

とは言え、前の便が搭乗開始していたのでこれは飛ぶかなと思ったのですが、、、

 

ダメでした(´・ω・`)

さてここからよ!

すぐに「カウンターでお手続きするか欠航メールが届くのでそれに従って…」とのアナウンスがあり、逆にこれはラッキーだと思いました。つまりメールを待つ人、無論カウンターに並ぶ人より先に動けます。申し訳ないけどナイスアナウンスです。

歩きながらPCは広げられないので、PEACHのアプリで振替しようとするも、システムの準備が整っておらずすぐには手続きできず。

みんなと一緒に出口まで歩きながらリロードリロードを繰り返し、システムが整ったのは出口を出た直後で、時間にして欠航発表から5〜10分後くらいでした。

 

そしてまさか次の18:10の便をゲット!!! (๑•̀ㅂ•́)و✧ヨシッ

しかし問題はここからで、なぜかアプリチェックインができません。おかしいと思って自動チェックイン機に行くとシステムがダウンしてました。おいおい何コレ?!

時間はすでに17:00をまわり、この時点で18:10の便のチェックインができないのは結構焦るパターン。こればかりは自力じゃどうにもできず八方塞がりです。

どうせ電話は繋がらないので、WEBチャット機能を使ってみました。しかしオペレータは欠航の情報すら把握しておらず、「自動チェックインができないとはどういうことですか?」と、、、

 

それをこっちが聞きたいのじゃ!(笑)

 

チャットは以前も似たような対応だったことがあり、とにかくオペレータは現場情報を持っておらず、緊急事態時は全く使えませんので当てにしないほうが良いでしょう。

 

そうこうしていると全便欠航となっていました。チェックインできないのはそういうことだったのですね。きっと現場スタッフもパニックだったことでしょう。お疲れさまです。

ひとつ改良の余地があるならば、チェックインエラーの理由を事前に教えてくれれば混乱はなかったかと。自動チェックイン機の前で慌てている人もたくさんいました。

ということで18:10の便も再度別日に振り替えることができ、やれやれといったところです。

 

ホッと一息ついたところで、忘れた頃に欠航メールが届きました。欠航発表が16:40でしたので、なんと40分も経ってから。これを待ってから動いたのでは明らかに遅いですね。40分後だと、きっと翌日の便も取れなかったんじゃないでしょうか。

 

また、ゲートを出る際にこんなプリントも配ってましたが、これらは全て事前に分かる情報です。事前に整理しておけば読まずとも先に動けます。

ちなみに、全便欠航ともあってPEACHのカウンターには100メートルはあるかというとんでもない列ができていましたが、一体何のために並んでいるのか、とても気の毒でした。

 

そんなことで先に空港脱出しようかと駅に向かうと、なんと改札の入場規制でこちらも長蛇の列。

しかしリアルタイムにラジオでは札幌市の雪は止んだとの情報を掴んでましたので、雲の動きを確認するとこの混雑もそのうち解消されるはずだとの読み。

ということは、慌てて並ぶ必要はありませんね。

 

こういう緊急時は、radikoだと約1分のタイムラグがあるので、すなわち、スマホのラジオは周りより1分行動が遅れます。最近たまたま持ち歩いているiPod nanoが役に立ちました。

当時はFMしか聴けない代物でしたが、最近はAMラジオがワイドFM化されて突然利用頻度が増し、個人的にiPod nanoが見直されています。

また今回始めて知ったのですが、iPod nanoはラジオ放送をリアルタイムで本体に録音しているらしく(終了すると自動で消える)、上の画面から右にフリックして、再生バーを戻すことで聞き逃した部分をもう一度聴けるという優れものでした。この機能は10年以上知らなかった!

AMラジオは、北海道だと「STVが90.4」「HBCが91.5」、関東だと「TBSが90.5」「文化放送が91.6」「ニッポン放送が93.0」で聴けます。

【参考】総務省|放送政策の推進|ワイドFM|全国民放FM局・ワイドFM局一覧

 

ということで、早期空港脱出の予定を変更して、ラウンジで混雑と天気が回復するのを一杯やりながら待ち、人が落ち着いた21:00くらいに札幌にバック。20時過ぎに乗った快速エアポートですが、もはや座れるほどに混雑は解消していました。

 

情報通り札幌の雪も完全に回復。

 

お腹が空いたので、ステラプレイスで花まる寿司をいただきました。またこれが食べられるとは、欠航も悪くない(笑)。

このお寿司屋さん、回転寿司とは思えないほどホントにおいしくてオススメ。最近は東京にも進出しています。札幌に行ったら、ここかトリトンの寿司は一度は食うべし。

回転寿司 根室花まる / 町のすし家 四季花まる
回転寿司 トリトン

 

以上チェックインのシステムダウン時はちょっと慌てましたが、人混みにまみれることなくまあまあ良い一日になったんじゃないかと思います。

 

↓関連記事です。

免許更新をオンライン講習にしたらディズニープレミアアクセス並みの優越感だった。

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

Air diary