Apple diary Investment iPhone

    Apple全力投資でとうとうドルが底をついた。iPhone 8が9月に買えなかったらその時は考える。

    上は私の現在の所有米ハイテク株です(取得数はモザイク失礼)。

    Facebookとアルファベット(Google)は、購入時の為替額が大きく違うので別グループでポートフォリオを組んでいるため、表示がダブっております。

     

    スポンサーリンク

    さて、問題の9月9日が過ぎようとしています。現在のところは何もなく、「いつもの土曜日」が過ぎていっています。

    - 米朝衝突のXデーとして浮上する「9月9日」の深刻度|現代ビジネス

    これに合わせて毎日ドルが売られて円が買われる中、昨日はとうとう1ドル107円台へ突入。

    「ザ・円高」です。

    地政学的リスクに加えて洪水も重なり、これでもかと米経済が混乱する中、それを受けて日経平均も連日下がり気味で、冷水をかぶっていち早く秋の到来気分といったところではないでしょうか。

    こういう局面に立たされたとき、慌てて売りにシフトする投資家も多いと思います。いろいろな理由はあると思いますが、長期で持てる側からすると、売ってしまっては負けを認めることにもなります。

    私は逆張りで「BUY」を選択しました。

    ここぞとばかりにドルをそれなりに大量購入。運良く円安に傾いてくれれば御の字なのもありますが、それ以前に米経済にはそれなりに期待もあります。

    以下が米主要銘柄を網羅した、バンガードトータルストックマーケットETF(VTI)。

     

    NYダウ平均より逆に、こっちのほうが信頼できそうな、米国を象徴する投資信託です。2008年のリーマンショックではほぼ半分まで下げましたが、その後3〜4年で回復、2015年のチャイナショックでは比較的大きな傷は負っていません。

    - 北朝鮮問題で緊迫するこの時期に、ありったけのドルで米ETF(VTI)を購入してみた。|夢の株|オリエンタルランド好きのブログ

     

    VTIの主要銘柄は、Appleをはじめとするハイテク株で、Apple2.9%、アルファベット(Google)2%、マイクロソフト2%、アマゾン1.5%、その他多数、となっており、金融とテクノロジーが37%を占めています。

    - VTI(バンガード)はアメリカ株式市場のほぼ100%に投資できる優秀ETF【S&P500とVTIのどちらを選ぶべきか】 | 投資家Life

    こういった実績を見ると、やはり米には期待をしてしまいます。

    ということで今回はApple(AAPL)なんです。

     

    売上高は、2016年にやや横ばいになるも大きく右肩上がり。2010〜2011年と比べると、現在はほぼ倍増しています。一株あたりの利益(EPS)も一株あたり純資産(BPS)も右肩上がりで、「林檎農場の奴隷」としては、こんなに将来が明るく見える企業はなかなかありません。

    - [関連記事]  オリエンタルランドを例にやさしく株を勉強するよ。EPS、PER、BPS、PBR、ROEとは何か?(2017.08.27)|まなぶろぐ。

    ↓きっと苗木の一本くらいは買ってあげてるよ、自分w

    また、他のハイテク株と大きく違う点として、ファッションブランドなどに共通する「トレンド性」も持ち合わせているのも面白い点です。単なるIT会社ではなく、「アップル」という無形資産のブランドを持っていて、これは他のGoogleやAmazonとは大きく異なります。

    だから良いか悪いか、ということではなくて、露出はこのブランド力によって高められています。世の多くのインフルエンサーはもとより、ITにさほど通じていない方々をも味方につけている現在において、ものすごい重圧がかかっていることを承知しながらも、悲しいことにもっともっと期待してしまうのですね。

    そうなると、今月リリースが噂されている、iPhone 8(10th アニバーサリーモデル)の品薄事情には納得できない部分もありまして。

    - Apple Events - Keynote September 2017 - Apple

    何としてでも初回最低500万台以上は用意して欲しいと思いながら、この緊迫状態の中、明後日(日本時間13日午前2時)のApple発表会に期待を寄せて、昨日私のドルが底をついてしまいました。もっともっと買い足したい気もやまやまなのですが、、、

    もう円もない(笑)。

    品薄でも魅力的なものであれば、Nintendo Switchのようにしばらく注目は集まるでしょう。ただ万が一、2年前のApple Watchのような、「一般的」に受け入れがたいもの(個人的にはアリでしたが)だった場合は、世間の評価は冷たいものです。

    とはいえ、一般ウケを狙うとブランド力が下がってしまうので、Appleには常にエッジの効いたものを望んでいます。

    さぁ、凄い難題だ。

    少なくとも、これを乗り切る見込みがある企業という理由で、Appleにはもうしばらくは投資し続けます。ハイテク株には珍しく配当もありますしね。

    現在微減で158.6ドル。果たして来週はどうなるか。

    - Apple(AAPL)|SBI証券

    さて、いったい何を書きたいのか、また、何ブログだかわからなくなってきたので、今日は強引にこの辺で。

    米アップル株(Apple/AAPL)上場来高値。外国株式を日本で買う。

    オリエンタルランドを例にやさしく株を勉強するよ。EPS、PER、BPS、PBR、ROEとは何か?

     

    にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

    Apple diary Investment iPhone